Saba note

醜悪コード Ugly hacks ITものづくり

Bootstrapの使い方

Bootstrap概要 http://getbootstrap.com/ 細かいことはあまたあるBootstrap解説しているサイトを見てみてください。ここではプラクティスだけにしてます。 Bootstrapをダウンロー […]


絵文字削除

PHPで絵文字対処 Formに絵文字入力されると困ってしまう場合4バイト文字を削除でいったん対処。その他いい方法あるんでしょうか。 $text = “EMOJI”; // 😾とかの絵文字 $tex […]


CentOS7でPHP7のインストール

まずはリポジトリ関連 yum install epel-release rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm PHPをイ […]


phpで時間を扱う

いちばん簡単に現在の時間をとろうと思ったらこれ。 $datetime = date(‘Ymd_His’); classとかだったらこれ。 ““ public static function mak […]


rsyncsync

rsyncsync サーバー間でアプリケーションの同期をします。rsyncの同期なのでアプリケーションの種類は問いませんが、多少そのアプリの内容に精通していないと使いづらいと思います。 設定内容は以下になります。 同期元 […]


CentOS7 MariaDBをインストール

MariaDBはMySQLとあんまりかわらないです。というか殆ど同じということでよいのではないかと思います。が、いずれちょっとづつ大きく変わるのだと思うわけです。 version comment MariaDB5.5シリ […]


CentOS7 Apache2.4インストールと設定

インストール リポジトリの調整しなくても2.4が入ってくれるっぽいです。 yum -y install httpd これで完了。 httpd -v Server version: Apache/2.4.6 (CentOS […]


CentOS7でiptablesを使う方法

Firewallというのが追加されました。 CentOS6まではLinuxサーバ上でファイアウォールを稼働さす場合、iptablesを使ったフィルタを実装するのが一般的でした。これをこのままCentOS7で利用することも […]


CentOS7のSSHの設定

SSHの設定はポリシー的なところ大きいので設定の仕方というご案内はできないんですが、だいたいこんなルールでやってます。 Rootのログインは基本禁止。*但し鍵認証+IP制限が可能であればOK。問題は鍵の管理になります。 […]


Laravel5の認証機能 カスタマイズ(テーブルカラムを変更追加する)

LaravelのデフォルトのAuth機能を入れてみてから とはいえLaravelはデフォルトでそこそこの機能を実装しているのでいたずらにカスタマイズしてももったいないことになるので、ここでは新規登録時にもうちょっと必要な […]


PHPのtrait(トレイト)

Class継承に問題ありのPHPがtraitのおかげでいろいろ便利になりました。メソッドとプロパティが何度でも使いまわせるというやつです。ちょっと腑に落ちないのはtrait自身のインスタンスは作れないというところですかね […]


Laravel5 Error集

全般 PHP Parse error: syntax error, unexpected ‘.’, expecting ‘&’ or variable (T_VAR […]


Mac XAMPPのmysqlが起動しない

Maria DBなんですかね、本当は。 Macのxamppのmysqlがいちいち立ち上がらないことがあります。ロックできないとか何とかいろいろ言われます。 [ERROR] InnoDB: Unable to lock / […]


jQuery CDN

全バージョのCDNはここ https://code.jquery.com/jquery/


Laravel5の認証機能

以前にちょっと記事を書いたのですが、5.4でもう一度復習です。ここら辺りはアプリケーションのコアになるので勉強していた方がよいかと思います。 とはいえ認証機能は結構厄介です。というのも選択肢がたくさんあるのと自由にカスタ […]


WordPressのインストールでトップページからWordPressにする方法

WordPressをインストールするときにドキュメントルート以下にWordpress用のディレクトリ(/cms/)を1つ作ってその中にインストールする場合はアクセスURIが http://example.com/cms/ […]