Saba note

醜悪コード Ugly hacks ITものづくり

CentOS7インストール後の初期設定

オプション・パッケージをインストールする

# yum -y upgrade
# yum groupinstall "Base"
# yum groupinstall "Development tools"
# yum groupinstall "Japanese Support"
# yum install bind-utils (dig install)
# yum install nmap

上記で事足りますが、その他自分が使うものをいろいろ見繕ってインストール。yumのupgradeをしておくと、”Base”,”Development tools”,”Japanese Support”はすでにインストールされてるっぽいです。CentOSは結構何でもかんでもインストールされてますね。

SELinuxを殺す

設定上、止めておかないと設定・確認が面倒なのでセキュリティー関連の設定はいったん止めておく。

# setenforce 0

自動起動も止める。

# vi /etc/selinux/config
- SELINUX=enforcing
+ SELINUX=disabled

CentOS7はdisabledになっておりますね。

iptables

CentOS7はデフォルトでiptablesがインストールされていないので、インストールしてから止めておく。(あとでもいいか。)

# systemctl status iptables
(デフォルトではインストールされていない)
# yum install iptables-services
# systemctl start iptables
# systemctl status iptables
# systemctl stop iptables
# systemctl disable iptables

firewall

CentOS7のデフォルトはfirewallになったらしい。これもいったん設定をストップ

# systemctl status firewalld
# systemctl stop firewalld
# systemctl disable firewalld

ここからいろいろ設定。nginx + php7 + mariaDBぐらいですかね。


CentOS7 インストール後の初期設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です