CentOS7でPHP7のインストール

まずはリポジトリ関連

yum -y install epel-release
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHPをインストール

yum -y install --enablerepo=remi-php71 php php-cli php-common php-devel php-fpm php-gd php-mbstring php-mysqlnd php-pdo php-pear php-pecl-apcu php-soap php-xml php-xmlrpc php-bcmath php-mcrypt php-imap php-intl

これでいつも使うやつはだいたいインストールしたかなといった様子です。
場合によりけりですが、インストール失敗したりエクステンションを追加するのを忘れたりしたら、

yum remove php-*

こうですが、全部消えちゃうので詳しい人に聞いてからやってください。

php -v
PHP 7.1.7 (cli) (built: Jul  6 2017 13:31:15) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.1.7, Copyright (c) 1999-2017, by Zend Technologies

一応、これで終わりは終わり。php.iniとか何かいろいろありますが。
「php -m」とかでも確認を。

php.iniの設定(セキュリティー)

ここだけはやっておこう。
いろいろたくさんやることはあるのだけど、こちらご参考に。
http://qiita.com/knife0125/items/0e1af52255e9879f9332

expose_php = Off

Apache再起動をわすれずに。

Last update: 2018.08.31 (金)