Saba note

醜悪コード Ugly hacks ITものづくり

Laravel5のログイン時に認証条件追加

ざっくりとログインの仕組みを見てみました。認証機能についてはこちらをご覧ください。

/login

で、ログインができるわけですが、ここのところで認証機能を中核を担っているのが、

Illuminate\Foundation\Auth\AuthenticatesUsers;
(vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Foundation/Auth/AuthenticatesUsers.php)

というところです。ログインしているのかしてないのかを判断してくれるところです。
実際のログイン時の関数はここですね。

protected function credentials(Request $request)
    {
        // return $request->only($this->username(), 'password');
    return array_merge($request->only($this->username(), 'password'), ['role' => '1'],["active" => '1']);
    }

ユーザーIDとパスワードを渡してます。パスワードは文字列だけ渡して別処理してるようです。ログイン時の項目を追加したい場合は、returnの配列にお好みのカラムと値を渡してあげればよいということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です