HDDの量とかディレクトリサイズを確認するいろいろ

dfコマンド

全体のHDD総量を測るのがdfコマンドです。最近は容量が大きいので-hでもってGB単位で表示するのが1番よいかなと思います。オプションなしだとデフォルトでKB単位で表示されます。-hがGB、-mがMB、-kがKBというオプションになります。

# df -h

Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/vda2 16G 7.9G 7.0G 53% /
tmpfs 499M 0 499M 0% /dev/shm
ディレクトリ単位の容量はこんなduコマンドを使います。オプション-sでサマリー、-hでGB単位表示です。続けて指定のディレクトリパスを書けばOKです。

# du -sh hogehoge

1.6G omnioo
ファイル単位で容量を確認したい場合は以下。馬鹿みたいに大きいファイルがないのでたいていは-mぐらいが適当かと。

du -m test_db.sql

4 test_db.sql
なので4MBぐらいあるということになります。
どこら辺りが容量喰っているかなどの確認
この調査が結構面倒くさいのだけど、直感的にここらだろうというところはさておきディレクトリ単位で測定してゆくのが手っ取り早いかと思います。

du -sh ./hoge/*

hogeディレクトリ以下のディレクトリサイズを表示してくれます。
314M ./hoge/backup
8.0K ./hoge/batch
29M ./hoge/docment
155M ./hoge/logs
408K ./hoge/tmp
567M ./hoge/www
ソートしたかったら、こっちの方がわかりやすい。

# du -sh ./hoge/* | sort -nr

567M ./hoge/www
408K ./hoge/tmp
314M ./hoge/backup
155M ./hoge/logs
29M ./hoge/docment
8.0K ./hoge/batch

Last update: 2016.05.09 (月)