SSL接続のエラー: This content should also be served over HTTPS.

TumblrのPostボタンを設置したら以下のエラーでボタンが機能してないようでした。

Mixed Content: The page at 'https://www.tumblr.com/widgets/share/tool?canonicalUrl=[*任意のURL1]&shareSource=tumblr_share_button' was loaded over HTTPS, but requested an insecure image '[*任意のURL2]'. This content should also be served over HTTPS.

Tumbrのボタン設置に限った話ではなく1つのページにhttp/httpsが混在しているというエラーです。いろいろ調べているとWordpressの独自の問題が絡んでいるっぽいってことでもあるし、そもそも混在しているURLが設定されているということになるかと。
対処療法的には言われたとおりにすればOKです。つまりエラーになっているパス[*任意のURL2]をhttpsで呼び出せばいいってことです。とにもかくにも、これでもって万事解決ということではあるのだけど、ちょっと腑に落ちない。
Wordpressのbloginfo(‘template_directory’)という関数は事実httpという絶対パスに変換されるのだけど、そのとおりhttpで画像を読み込んでいる。が、しかし、cssやJSも同様にこの関数で読み出しているにも関わらず、上記エラーに相当しないのだろうか。そこらがちょっとわからない。


参考: http://pikoro.revows.biz/2016/01/blog-7/

Last update: 2016.10.12 (水)