WordPressで固定ページのリストを自動的に表示

2016.10.21 (金)

固定ページをウィジェットなどに表示するには、

<?php wp_list_pages(); ?>

という感じで、wp_list_pages()を使います。公式Wordpress Document
すでに公式ドキュメントにかなり詳しく書かれているので、ここで説明すべきことはあまりないのですが、あっさり使うとしたら、以下のような感じになります。

<div class="widget">
<h3 class="widget-header"><?php _e('Pages'); ?></h3>
<ul>
<?php wp_list_pages('title_li=&exclude=1151,1169'); ?>
</ul>
</div>

固定ページのデフォルトのタイトル(固定ページ)は_e(‘Pages’);を使って呼び出すことができます。あとはwp_list_pagesが自動的にループしてくれて固定ページをそれぞれ出力してくれます。

  • タグで囲うのが通常の方法だろうと思います。また、除外したい固定ページを個々のIDで指定します。IDの見つけ方は、管理画面の固定ページ一覧に移動して、除外したい記事のリンクにマウスオーバーします。リンク先のURLクエリに?post=1151というような形で番号がついています。これが固定ページ記事のIDになります。除外したいページが複数ある場合は、コンマで区切ります。