Bracketsがいい

SublimeTextよりもBracketsの方がいいっぽいです。AdobeがFreeで出してるやつです。Jedit、miといろいろ使っていますが、Bracketsがいちばんいいかもです。
http://html.adobe.com/jp/opensource/

Download

ダウンロードはこちらから 50MB強あるのでかなりデータとしては重いですね。
Brackets.Release.1.7.dmgが落ちてくるのでいつものようにインストールします。

拡張機能

プラグインだかエクステンションだかアドオンだかモジュールみたいなものをどんどん追加できます。コーディングの補完機能やGit、SFTPなどWEB制作に関連する便利ツールはだいたい揃っています。

  • Beautify インデントを自動化
  • edge-inspect-extension 機能検証、実機チェックができる
  • Response-for-Brackets レスポンシブの支援ツール
  • Code Folding コードを折りたためる
  • Brackets Outline List 構造をアウトライン化
  • Minimap ミニマップを作成
  • Documents Toolbar ファイルをタブ化
  • Brackets Tools リストを簡単に作る
  • Add HTML template HTMLテンプレート
  • Emmet HTMLの雛形作成
  • Extract for Brackets (Preview) プレビューしてくれる
  • Brackets Markdown Preview マークダウンのプレビュー
  • Tabs – Custom Working ファイルを上部にタブ表示してくれる
  • Brackets File Icons ファイルの種類によってアイコン表示
  • Highlight Multibyte Symbols 全角文字をハイライト
  • Whitespace Normalizer 無駄なスペース削除
  • Brackets Git Gitに直接pushできる

ショートカット

これもものすごいたくさんあります。だいたいこれまでのソフトのショートカットを踏襲しているので使っているうちに覚えてしまうのでいいです。一番良く使うのが、

Ctrl + B

ですね。同じ文節を複数行選択できて、同時に移動できるやつ。SublimeTextの「Ctrl + D」と同じです。
http://qiita.com/assialiholic/items/7683d94108b12f1ca3ad

行選択、これもよく使う。

Ctrl + L

なにはともあれ、コメント。CSSとかPHPとかHTMLとか見分けてくれる。

Ctrl + /

開発の準備

開発に入って実際にコーディングに入る前にやっておきたいこと。

Themeを選択する

たくさんあるテーマですがこちらで良いテーマをまとめてくれております。個人的には「Specials Menu」というのが好きです。

  • プロジェクトファイルの設定
  • フォントとかフォントサイズとか

Error

ファイルのインデックス時にエラーが発生しました

読むこむファイルが多すぎるとエラーになるそうです。私はプロジェクトファイルをそのまま放り込んだら見事に動かなくなりました。まずは、Windowsのタスクマネージャーを開いてすべてのbrackets.exeを停止する。bracketsのキャッシュフォルダーを開いて、その下のファイルをすべて削除する。

Windows
C:\Users\<username>\AppData\Roaming\Brackets\cef_data

コレでも駄目だったら再インストールがおすすめですが、それでも駄目なことがあります。拡張機能や設定が失われますが初期化されて気持ちがいい。
ここを全部削除しちゃう。

Windows
C:\Users\<username>\AppData\Roaming\Brackets\*

Cache Folder · adobe/brackets Wiki · GitHub
Large Projects · adobe/brackets Wiki · GitHub

Last update: 2017.12.16 (土)