hello foo bar Saba note | php.iniを.htaccessに書く方法

php.iniを.htaccessに書く方法

2016.11.7 (月)

php.iniが訳あって直接書き込むことができない場合は、.htaccessに書く方法があります。しかし大元の本物php.ini内で、

php_value = On
php_flag = On

という風に設定する必要があります。これができないと.htaccessに設定しても無効になってしまいます。phpinfo()でも確認できるので、大元のphp.iniの設定を確認してみてください。レンタルサーバーによってはこの機能が使えるようになっているところもあります。ロリポだと大元のphp.iniもある程度GUIで設定可能です。
しかしこの設定で可能な範囲はlocal valueだけでMaster valueは大元のphp.iniの設定が必須になります。アプリの開発によってはMaster valueの設定が優先される場合もあるので、ご注意。

.htaccessに設定を書く

php_value date.timezone "Asia/Tokyo"
php_flag detect_unicode Off
php_flag short_open_tag Off

という感じで、php_valueの後ろに設定を書きます。そしてなぜだかわかりませんが=(イコール)を取り除いた状態で設定します。
使う用途はたくさんあると思うのですが、私の場合は、Symfonyをレンタルサーバーで設定ししようと思った際に必要になりました。しかし、やっぱりVPSみたいなサーバーじゃないと限界ありますね。