WordPressでTumblrに自動的にPOSTするプラグイン

wp-post-tumblr

TumblrにWordpressで作成した記事を自動的に投稿するプラグインです。投稿する内容はWordpressの記事を本体と考えているので基本的にはquoteでPOSTします。画像が投稿された場合は、これもWordpressの記事を本体としているので、投稿画像の最初の一枚しかPOSTしません。いずれにしろ本体の記事へのURLを投稿するので基本的には問題ないかと思います。quote(引用)とimage(画像)以外のPOSTには対応しておりません。また、記事更新時もTumblrにアップされます。
dounload: wp-post-tumblr_1.0
設定方法がやや面倒なので、以下の説明を参考にしてください。

  • Tumblrのアプリを作成する。(コンシューマーキーを取得する)
  • コンシューマーキーからアクセストークンを取得する
  • プラグインをアップロードする(コンシューマーキーとアクセストークンをプラグインに設定する)
  • プラグインを有効にする

1. Tumblrで自分のアプリを作成する

Tumblrにはアクセストークンを発行する便利な管理画面みたいなものがありません。ですので、アクセストークンを発行するためのアプリを作成しなくてはなりません。Tumblrのアプリはこちらから作成できます。(Tumblrアカウントでもって先にログインしてからアクセスしてください。)
アクセスしたら「+アプリを登録する」という緑色のボタンを押します。

各項目に記入してゆきます。

Application name:

任意のアプリ名を記入します。自分でわかりやすいものがよいでしょう。

Application website:

アプリを利用するサイトURLを記入します。そのドメインを含んだドキュメントルートのURLで大丈夫です。
(例)http://www.omnioo.com/

App Store URL:

これも特になくても大丈夫ですが、上記と同じドメインを含んだドキュメントルートのURLとかを書いておきます。

Google Play Store URL:

空で大丈夫です。Google Play StoreのURLをもっている方は勿論書いた方がいいです。

Application description(400 characters max):

アプリの概要を書いておきます。自分でわかりやるいもので大丈夫です。

Administrative contact email:

Tumblrのアカウントで使っているEmailを書いておくのが無難でしょう。公開はされません。

Default callback URL:

このcallback URLには、アクセストークンを発行する際のURLを記入します。自分でOAuth認証を使ったアクセストークンの発行コードを書く場合は、そのコールバックURLを、オムニオ・レコード(ここ)で発行する人は、http://www.omnioo.com/record/tumblr_get_accesstoken/のURLを記載してください。オムニオ・レコードで発行する方は、こちらで発行できます。
すべて記載したら保存します。

2. コンシューマーキーを取得する

アプリを作成したら、右横にコンシューマーキーが発行されます。ランダムな英数字の文字列です。これらのキーはセットで公衆の面前に晒さないようにしてください。
シークレットキーは、リンクをクリックすると出てきます。これら2つをメモ帳とかに保存しておきます。
こちらのフォームでアクセストークンを発行します。前述のコールバックURLを

http://www.omnioo.com/record/tumblr_get_accesstoken/

にすれば使えます。その他の場合自分でコードを書いて取得してください。
アクセストークンが取得できたら、同様にメモ帳か何か適当なエディタに書いて保存しておいてください。

3. wp-post-tumblrのインストール

WordPressのプラグインのインストール場所にファイルをアップします。WORDPRESS-DIR/wp-contnt/plugins/にwp-post-tumblrを丸ごとアップします。アップロード後に、wp-post-tumblr.phpをエディタなどで開いて以下の部分を設定してください。
23行目から33行目辺りまでの設定項目を記入します。

  • 自分のサイトのURL
  • APIのURL (例) http://api.tumblr.com/v2/blog/osamuya.tumblr.com/post
  • コンシューマーキー
  • アクセストークン

を記入して保存しアップしてください。

/*----------------*/
/* Plugin setting */
/*----------------*/

// main url (your wp-site url)
$my_wp_url = 'http://www.example.com/';
$api_url = 'http://api.tumblr.com/v2/blog/[tumblrブログのドメイン]/post';
// Consumer key token set
$consumer_key   = 'xxxrvOxxxTZoxxxfmbxxxhCexxxSFixxxlEsxxxyBExxxzMNxx';
$consumer_secret = 'xxxSkMxxxavTxxxbZLxxxFbsxxx8pOxxxl9vxxxgZqxxxddLxx';
// Access token set
$access_token = 'xxxPHLxxxTkSxxx6vkxxx2fQxxxB5ExxxPTWxxxGIfxxxZGuxx';
$access_token_secret = 'xxx6FMxxxXrQxxxcmDxxxrEExxxOdPxxxflSxxxackxxxTpKxx';
/* setting END */

プラグインwp-post-tumblrを有効にする

いつもの手順でプラグインを管理画面から有効にします。これで完了です。

Last update: 2016.12.12 (月)