WordPressをインストールしたら最初にやっておくべきこと

SSH2の接続モジュールをインストール

FTP接続は基本的に嫌なのでもしサーバーの管理権限があるのだったら、SSH2で接続するのをすすめします。なのでWordpressのアップデートなど様々なやり取りでSSH2を使えるようにした方がいいです。
WordPressの更新などでSSH2を使う

先頭の全角スペースを反映させる

日本語は文頭の最初を一文字スペースを入れてインデントするのですが、英文はやらないんですね。WPでは無駄なスペースを最初から親切に詰めてくれるのですが、日本語だとなんか変なので自然にテキストが書けるように文頭全角スペースを反映するように設定します。テーマ内のfunction.phpに以下を埋め込みます。

function my_tiny_mce_before_init_filter( $init_array ) {
$init_array['remove_linebreaks'] = false;
return $init_array;
}

スマホに最適化するWPtouch

http://wordpress.org/extend/plugins/wptouch/
スマホを持っていようが持っていまいが、興味があろうがあかろうが、アクセス数は増えた方がよいし、このプラグインを入れるだけでそこそこカッコいいデザインになるので、とりあえず入れておくべきスマホに最適化するプラグインです。いろいろ設定できるますが、殆ど何もしなくても十分かっこいいです。

パーマリンクの設定

正直デフォルトのパーマリンクは使えない。短縮されていて好きな人もいるかもわからないけど、IDだけでは記事の内容も予想できないし、何せURLとしておかしい。MTなんかに引き継ぐ際にもパーマリンクが失われて様々なリンク切れが起こります。なので、以下のように設定する。
管理画面の設定→パーマリンク設定から。

/%category%/%postname%/
/%category%/%postname%/%post_id%/

更に詳しい情報が必要な方はWordPress Codexパーマリンクの使い方を参照してみてください。

運用するにあたって最初からやっておきたいこと

  • 記事、カテゴリー、固定ページに限らず必ず英数字でslugを設定すること。
  • カテゴリー未設定は格好わるいので、その他などに変えましょう。

テーマのカスタマイズ

  • twentytenあたりをコピーしてテーマの雛形を作成
  • テーマフォルダーのリネーム
  • style.cssにテーマの概要を書き込む
  • screenshot.pngもあった方がいいかもです(が、完成してからでも)
  • テーマの切り替えをして、カスタマイズを開始

Akismetの設定

コメントなどのスパム排除のプラグイン設定。Keyが必要なのでユーザーAkismetに登録してKeyを発行してもらい、そのKeyをPluginに設定します。

Last update: 2017.01.04 (水)