ImageMagickで、/tmpとかにMagick-Ayu89r53とかいうサイズの大きいファイルが出来る

Imagemagickで/tmpにいきなり40GB以上のファイルが作成されるという問題。magick-*というディレクトリ名で生成されます。これdiskサイズとか全く関係なくてImagemagickが予期せぬエラーで異常終了した際に作業中のファイルの残骸を/tmpに投げ捨てるというものです。
処理能力を大きく上回る大きさの画像などを処理した際に起きることが多いので(故に残骸がファイルが数GBになってしまう模様です。)Imagemagickの例外処理を加えるのが正しい処理。

identify -list resourceというコマンドを叩くとDiskの部分がこれらファイルのサイズの制限のようです。私の環境ではunlimitedだったので制限がないという状態なのだと思います。

# identify -list resource
File         Area       Memory          Map         Disk    Thread         Time
-------------------------------------------------------------------------------
 768     4.1648GB    15.515GiB     31.03GiB    unlimited         8    unlimited

これらいろいろな設定は、

/etc/ImageMagick/*

にあるので便宜修正ということになるでしょうか。


ImageMagickで、/TmpとかにMagick-Ayu89r53とかいうサイズの大きいファイルが出来るのをなんとかしたい

Last update: 2017.10.10 (火)