CentOS7のセットアップ

centos7.example.com = 123.456.789.xxxとして設定してゆきます。

アップデート

インストール完了したら、とりあえずやっておく。

yum -y update

長い。

私的に必ず使うツール系をインストールしておく。

yum -y groupinstall "Base"
yum -y groupinstall "Development tools"
yum -y groupinstall "Japanese Support"
yum -y install nkf
yum -y install nmap
yum -y install tree

コンパル関連とかで使う。

yum -y install gcc libgcc
yum -y install zlib-devel openssl-devel tk-devel libffi-devel

ホストの設定

hostsファイルの設定もそうなんですが、プロンプトにインスタンスIDとか入っていると間違いの元なのでそういうところ整備します。

こちらもご参考に

vi /etc/hosts
....
127.0.0.1 centos7.example.com
127.0.0.1 centos7.localhost
127.0.0.1 centos7

とかやっておく。
プロンプトにホスト名を表示するために設定変更。

vi /etc/sysconfig/network
....
NETWORKING="yes"
HOSTNAME=centos7.example.com ← 追加

たぶんネットワークの再起動か筐体の再起動をしないと反映されない。
最近のVPNとかはコンパネからホスト名を設定できたりするので、そういう機能がある場合はそっちの方が手間が省けてよし。

systemctl restart network.service

skelの作成

お好きなエイリアスとかを.bash_profileに入れておく。umaskも入れておこうかな。

vi /etc/skel/.bash_profile
....
alias ll='ls -al'
alias la='ls -A'
alias l='ls -CF'
umask 022

ユーザー作成時の雛形(いつもだいたいこれ)

mkdir -m 777 /etc/skel/tmp
mkdir -m 777 /etc/skel/logs
mkdir -m 777 /etc/skel/backup
mkdir -m 755 /etc/skel/batch
mkdir -m 755 /etc/skel/www

お好みで、

touch /etc/skel/www/index.php
echo "<!--?php phpinfo(); ?-->" &gt; /etc/skel/www/index.php

とかやっておく。

profileの雛形作成

各ユーザーが作成された際のprofileの雛形を作ります。(rootだけ別途やらないと駄目かも)

touch /etc/profile.d/users.sh
vi /etc/profile.d/users.sh

起動時の挙動を追記します。

alias ll='ls -al'
alias la='ls -A'
alias l='ls -CF'
umask 022

umaskの変更

場合によって変なパーミッションはやめてほしい。

vi /etc/profile
....
if [ $UID -gt 199 ] &amp;&amp; [ "`/usr/bin/id -gn`" = "`/usr/bin/id -un`" ]; then
umask 022 ← 002を022に変更
else
umask 022
fi

Gitインストール

最新のGitを入れておきましょう。まずは必要な依存モジュールみたいなものから。

yum -y install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel
yum -y install gcc
yum -y install perl-ExtUtils-MakeMaker

Gitの更新が早すぎていつの間にやらすごいところに来てしまっています。
https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/
yumでインストールすると1.8.3.1-6.el7_2.1が入るみたいです。Rubyの開発とかではつらいので最新版を入れます。

cd /usr/local/src/
wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.9.5.tar.gz 
tar xzvf git-2.9.5.tar.gz 
cd git-2.9.5
./configure
make prefix=/usr/local all
make prefix=/usr/local install

これで無事インストールできてる筈。

/usr/local/bin/git --version

フルパスでは駄目なのでパス通しておきます。

PATH=$PATH:$HOME/bin:/usr/local/bin

あとGitのlogなどが文字化けてしまう場合はlessの文字コードをUTF-8で指定されていないってことらしいです。

export LESSCHARSET=utf-8

で治ります。

Last update: 2018.11.14 (水)