hello foo bar Saba note | CentOS7の自動起動設定

CentOS7の自動起動設定

2017.9.19 (火)

自動起動サービスのリスト表示

長年親しんできたchkconfigがいなくなってsystemctl list-unit-files -t serviceという長ったらしいコマンドになりました。

[CentOS6]
chkconfig --list

[CentOS7]
systemctl list-unit-files -t service

systemctl使うと長ったらしいので、

ls -al /usr/lib/systemd/system/

で一覧見た方が見やすいです。

表示の形式も変わっていわゆるランレベル的なものではなくて純粋に自動起動に関して「enabled | disabled | static」というふうにステータスを表示するようになってます。

....
httpd.service  disabled
sshd.service   enabled
....

やたらと長いリストになるので、grep使って個別に取り出した方がやりやすい。

systemctl list-unit-files | grep httpd

という感じです。

自動起動のON/OFF変更

systemctl enable httpd.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.

なんかシンボリックリンク作るんですね。
終わり。