npm-scriptsの使い方

gulpは正直複雑すぎて結構つらい。
npm-scriptsが断然いい。
gulpより簡易でシンプル。preprosよりプロっぽい。sassより柔軟。

cidermitaina/starter-kit-npm-script
まずはnode.jsが動くようにしておくのと、npmでnode_moduleを予めインストールしておくこと。

git@github.com:cidermitaina/starter-kit-npm-script.git
npm install

package.jsonのある階層で、以下実行。ビルトインサーバー的な感じで

npm run start

私の環境ではChromeでlocalhost:3000でサーバーが立ち上がります。
publicがDocumentRootになっていて、src以下のcssとjsがファイルがコンパイルされるやつです。コンパイルされると、public/assetsに吐き出される仕組み。

PHPとか動かしたいとき

"server": "browser-sync start --proxy cliche.local --port 3000 --files \"./**/*.html,./**/*.php,./assets/css/style.css,./assets/js/bundle.js\"",

–proxyでもってあらかじめ作ったPHPの動く環境のFQDNをくっつければ動きます。


npm-scriptsでシンプルなフロントエンド開発環境を作る
【gulp】【BrowserSync】 serverオプション、proxyオプションの使い分け

Last update: 2017.12.07 (木)