Go Mac開発環境

https://golang.org/

brewでインストール

Homebrewでインストールする方法がいちばn楽そうです。

$ brew install go

インストールが終わったらビールの絵文字着きでメッセージが現れます。

==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/go-1.10.3.high_sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring go-1.10.3.high_sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
A valid GOPATH is required to use the `go get` command.
If $GOPATH is not specified, $HOME/go will be used by default:
  https://golang.org/doc/code.html#GOPATH

You may wish to add the GOROOT-based install location to your PATH:
  export PATH=$PATH:/usr/local/opt/go/libexec/bin
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/go/1.10.3: 8,170 files, 336.7MB

2018-08-07時点で1.10.3がインストールされました。

$ go version
go version go1.10.3 darwin/amd64

go getコマンドを使うには、有効なGOPATHが必要です。$GOPATHが指定されていない場合、$HOME/goがデフォルトで使用されます:」ということなので設定したほうがいいかも。Bashを使っている場合は以下でOK

$ echo 'export GOPATH=$HOME/go' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH=$PATH:$GOPATH/bin' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

.bash_profileに以下が追加されていればOK

export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

有効化します。(またはユーザーをいったんログアウトしてから再度ログイン)

source ~/.bash_profile

これで完了。

Hello World!

適当なディレクトリ配下でテストします。

$ touch hello.go

以下のソースを書きます。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("hello, world\n")
}

コンパイルする。(久しぶりだな。ほんと)

$ go build

何故かgolangというバイナリができる。
実行してみます。

./golang
hello, world

これで最初の一歩終わり。

Goのツールインストール(開発に便利なやつ)

とりあえず入れておくといいことがあるらしい。

$ go get golang.org/x/tools/cmd/goimports
$ go get github.com/nsf/gocode
$ go get github.com/rogpeppe/godef
$ brew install go-delve/delve/delve

なんか出力がないので入った感がないのですが、入っている感じ。

$ which gocode
/Users/xxx/go/bin/gocode
$ which godef
/Users/xxx/go/bin/godef
$ which goimports
/Users/xxx/go/bin/goimports

Atom エディタの設定

個人的にAtomになってしまうんですみません。必要なパッケージは、

  • go-plus
  • godef
  • +依存パッケージ

となります。上記2つ入れたら依存パッケージも入るはず。

go-plusインストール

適当な方法でインストールします。私はGUIから入れました。
インストールが終わったら、cmd+[,]で設定画面を開きgo-plusの設定を行うかGUI上でも設定できます。
GOPATHに~/goを設定します。

設定箇所 設定値
GOPATH ~/go




その他はデフォルトのままでよいかと思います・

godefインストール

設定は特にしなくてもいいです。KeybindのところがEnableになっていればとりあえずよいでしょう。

Goで書いたファイルをプロジェクトして開くとこんな感じになります。



こやつらをgo getしろというのが出てくるのでお好みで。

$ go get -u golang.org/x/tools/cmd/goimports
$ go get -u golang.org/x/tools/cmd/gorename
$ go get -u github.com/sqs/goreturns
$ go get -u github.com/nsf/gocode
$ go get -u github.com/alecthomas/gometalinter
$ go get -u github.com/zmb3/gogetdoc
$ go get -u github.com/zmb3/goaddimport
$ go get -u github.com/rogpeppe/godef
$ go get -u golang.org/x/tools/cmd/guru
$ go get -u github.com/fatih/gomodifytags
$ go get -u github.com/tpng/gopkgs

https://qiita.com/m0a/items/b7b27254a43d50b7aba2

Last update: 2018.08.07 (火)