Go Windows開発環境

インストール

https://golang.org/dl/
上記ページでWindows用のインストラーをダウンロードしてきます。114MBもある結構でかいファイルになります。
そのまんまインストールするとC:\Goにインストールされます。(やたらと時間かかります。)



私はCmderという端末使っているのですが、

  1. 環境変数PATHに 「C:¥Go¥bin」 が追加される
  2. 環境変数GOROOTが追加され 「C:¥Go¥」 というパスがセットされる

パス確認

which go
/c/Go/bin/go

バージョン確認

$ Go version
go version go1.10.3 windows/amd64
$ Go help
Go is a tool for managing Go source code.
....

でパスは通ってました。コマンドプロンプトを使うとこれだと駄目らしいです。
Windows に インストーラを使って GoLang を インストールするときの注意点

Hello World!

適当なディレクトリ配下でテストします。

$ touch hello.go

以下のソースを書きます。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("hello, world\n")
}

コンパイルする。(久しぶりだな。ほんと)

$ go build

何故かgolangというバイナリができる。
実行してみます。

$ ./golang
hello, world

これで最初の一歩終わり。

Goのツールインストール(開発に便利なやつ)

開発に便利なツール類をインストールしておく。

$ go get -u -v github.com/Masterminds/glide
$ go get -u -v github.com/nsf/gocode
$ go get -v -v github.com/uudashr/gopkgs/cmd/gopkgs
$ go get -u -v github.com/rogpeppe/godef
$ go get -u -v sourcegraph.com/sqs/goreturns
$ go get -u -v github.com/golang/lint/golint
$ go get -u -v github.com/lukehoban/go-find-references
$ go get -u -v github.com/lukehoban/go-outline
$ go get -u -v golang.org/x/tools/cmd/gorename
$ go get -u -v github.com/newhook/go-symbols
$ go get -u -v golang.org/x/tools/cmd/guru
$ go get -u -v github.com/derekparker/delve/cmd/dlv
Last update: 2018.08.07 (火)