Docker入門と基礎知識(1)

いろいろ解説は他のサイトにもあるので、まずはDocker Hubに登録してみましょう。
https://hub.docker.com/
ここでアカウントを取得しておくと Githubみたいに自分で作ったDockerの管理ができるようになります。(自分のローカル内で管理するより数段いい。)

MacにDocker環境を作成する

ダウンロードとインストール

Dockerをダウンロードしてきます。Stableの方でOKかと。499MBぐらいなのでそんなに重くないんですね。
https://store.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-mac

通常のアプリケーションと同様dmgファイルからインストールします。




上部にDockerのアイコンが出てきたらインストールが完了し起動している状態になっています。
起動とバージョンの確認をしましょう。ターミナルを立ち上げて、

$ docker --version
Docker version 18.06.1-ce, build e68fc7a

パスとか通っているんですね。

$ docker-compose --version
docker-compose version 1.22.0, build f46880f
$ docker-machine --version
docker-machine version 0.15.0, build b48dc28d

Dockerをnginxで立ち上げる

$ docker run -d -p 80:80 --name webserver nginx

うまいこと立ち上がったら、

http://localhost

にブラウザーからアクセスします。



で成功。

$ docker ps

プロセス確認できたらOK

起動・再起動・停止

起動

$ docker run -d -p 80:80 --name webserver nginx

停止

$ docker stop webserver

再起動

$ docker stop webserver
$ docker run -d -p 80:80 --name webserver nginx

削除

$ docker ps -a
$ docker rm CONTAINER_NAME (or CONTAINER_ID)

ここまででDockerのコア部分の操作ができるようになりました。だがしかしです。これは完全な雛形であり且つコマンドラインでの構築なので実際のアプリケーション開発をDockerコンテナで行う場合は、これらのコマンドを設定ファイルに書き込んでそれを一気に読み込んでもっと複雑なアプリケーションをビルドします。

Docker入門と基礎知識(2)へ続く→


Docker for Macをインストールしてみた
はじめてのDocker for Mac
Get Started, Part 1: Orientation and setup
【初心者向け】Dockerで手軽にNode.js開発環境構築 (1)
【初心者向け】Dockerで手軽にNode.js開発環境構築 (2)

Last update: 2018.09.12 (水)