YAMAHA RTX1200の使い方

玄人好みのRTX1200の使い方はネット上に殆ど資料がないです。なのである程度詳細に使い方を紹介します。

初期化

出荷時の状態のIPアドレスは192.168.100.1になっています。LANケーブルを接続して192.168.100.1をブラウザーで叩くと管理画面が表示されます。出荷状態ではユーザー名もパスワードも設定されていないので、空のままにしてログインできます。
利用中に初期化したい場合、または設定ミスって接続できなくなった場合などは、背面にある

microSD + USB + DOWNLOAD

の3つのボタンを同時に押しながら電源を入れます。電源ランプが点ったあとに一瞬アラームランプが赤く光ってしばらくすると初期化が完了します。そのときになったら3つのボタンの手を離しても大丈夫です。これで、192.168.100.1にアクセスできるようになります。

管理画面

ますはへたれは管理画面で設定でします。管理画面はステータスや状態をみるためだけの緑色の画面と管理者向けのオレンジ色の画面にわかれます。それぞれ、トップ/管理者向けトップページという名称です。グローバルナビとしてリンクがあるのですぐにわかるでしょう。
なので設定は「管理者向けトップページ」リンクから行います。

インターネットの基本設定

普通にインターネットの設定をするにはウィザードを使うと楽です。コマンド使うかっちょいい方法もありますが、基本そんなことしなくてよいです。しかしながらネットワークの基本的な基礎知識みたいなものは必要です。

  • WAN側の設定(プロバイダーとの接続)
  • LAN側の設定(IPアドレスの設定とサブネットマスクの設定)

という感じです。ウィザードのいわれるがままに設定してゆくとLAN1にLAN側の設定LAN2にWAN側の設定がされることになるかと思います。

Last update: 2016.04.26 (火)