MySQLエラー集

dumpのとき

Warning: A partial dump from a server that has GTIDs will by default include the GTIDs of all transactions…

GTIDsを使ったデータベースのレプリケーションをしているときにDumpするとこういうWarnigが出たりします。ダンプデータ自体は落ちてくるので問題なし。GTIDはトランザクションに紐付いたIDなので、例えば開発環境と本番環境などでスキーマだけ移動させたいときなんかは特に必要ないです。いすれにしろレプリケーション自体あんまりやらないので滅多に出ないWarningではあります。

Warning: A partial dump from a server that has GTIDs will by default include the GTIDs of all transactions, even those that changed suppressed parts of the database. If you don't want to restore GTIDs, pass --set-gtid-purged=OFF. To make a complete dump, pass --all-databases --triggers --routines --events. 

GTIDが必要ない場合は–set-gtid-purged=OFFを使えばいいです。

mysqldump -u [USER] -p --set-gtid-purged=OFF [DBNAME] > [DBNAME].sql

全部完全にダンプしたい場合はこれ。

mysqldump -u [USER] -p --all-databases [DBNAME] > [DBNAME].sql
Last update: 2016.03.06 (日)