php.iniの設定

設定ファイルのデフォルトの状態のバックアップは必ずとっておく。

# cp -p /etc/php.ini /etc/php.ini.org

Error表示関連

画面にエラー表示をする

display_errors = Off
↓
display_errors = On

たぶんデフォルトのままでよし。

error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED & ~E_STRICT

/var/log/httpd/errorあたりのログに出力するやつ。たぶんデフォルトのままでよし。

log_errors = On

php関連のエラーログを有効にする

;error_log = php_errors.log
↓
error_log = php_errors.log

文字コード関連

インストールしたOSの状態によっていろいろ変わるので、以下のように設定項目を修正します。

default_charset = "UTF-8"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.encoding_translation = Off
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.detect_order = auto

timezoneの設定

902行目あたり

;date.timezone =
↓
date.timezone = "Asia/Tokyo"

再起動

# systemctl restart httpd.service
Last update: 2018.11.13 (火)