CentOS7に最新(でもないかな)のPythonをインストールする

Python3.6.5をインストールします。現時点の最新は3.7ぐらいになっているはずなんですが、3.6はまあまあ安定版だと思うのでよいでしょう。
ここではPython3.6をpythonコマンドで使えるようにしてデフォルトで入っているPython2.7.5を(一応とっておいて)python2で叩けるようにしておきます。

Python 3.6.5インストール

まずはリポジトリをインストールします。

# yum install -y https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

Pythonをインストール

# yum install -y python36u python36u-devel python36u-libs

これで終わりなので、バージョン確認します。

# which python3.6
/usr/bin/python3.6

これでOK。
この時点ではpython –versionでは古い方のpythonが走るのでシンボリックリンクの向け先を変えて新規でインストールした方を使えるようにします。

# ln -s /usr/bin/python3.6 /usr/bin/python
# mv /usr/bin/python /usr/bin/python_old
# ln -s /usr/bin/python3.6 /usr/bin/python
# python --version
Python 3.6.5

これでよし。
古い方はこれで使えるようになっています。

# python2 --version
Python 2.7.5

yumの修正

yumのデフォルトのパスが違ってきちゃうのでyumでエラーが出てくるので修正。/usr/bin/yumと/usr/libexec/urlgrabber-ext-downの一行目のパスを修正します。

vi /usr/bin/yum

#!/usr/bin/python
↓ 修正
#!/usr/bin/python2
vi /usr/libexec/urlgrabber-ext-down

#!/usr/bin/python
↓ 修正
#!/usr/bin/python2

これで以前と同じように使えるようになります。

pipのインストール

パッケージ管理ツールをインストールします。ここではpip

# yum install -y python36u-pip
# python -m ensurepip --upgrade

バージョン確認

# python -m pip --version
pip 9.0.3 from /usr/lib/python3.6/site-packages (python 3.6)

あるいはパスがすでに通っているので、

# pip3 --version
pip 9.0.3 from /usr/lib/python3.6/site-packages (python 3.6)

これでOKです。
これでPythonが使えるようになっています。

Windowsにpythonをインストールする

Winndowsの場合は本家からWindows用のインストーラーをダウンロードしてインストールします。
Python Releases for Windows | Python.org
デフォルトでは「/c/Users/USER/AppData/Local/Programs/Python/Python37-32/python」に入っています。なので環境変数にパスを通してあげます。
コントロールパネル->システム->システム詳細から、環境変数ボタンをクリックして「システム環境変数」の項目からPATHを編集します。

変数名(N): Path
変数値(V): C:\Users\USER\AppData\Local\Programs\Python\Python37-32;C:\Users\USER\AppData\Local\Programs\Python\Python37-32\Scripts;....

既存のパスにPythonのパスを通してあげます。
再起動するとパスが反映されます。

python --version
Python 3.7.1
pip3 --version
pip 10.0.1 from c:\users\USER\appdata\local\programs\python\python37-32\lib\site-packages\pip (python 3.7)

これでOK。

Last update: 2018.11.19 (月)