hello foo bar Saba note | SourceTreeの使い方 – Windows –

SourceTreeの使い方 – Windows –

2018.12.10 (月)

WindowsOSでのSourceTreeの使い方です。
必須ではありませんが、Bitbucketのアカウントを事前に作成しておいた方が無難です。すでにアカウントを持っている場合は問題ありません。

ダウンロードとインストール(初期設定)

まずはこちらからダウンロードします。
https://ja.atlassian.com/software/sourcetree

2018-12-10現在では「SourceTreeSetup-3.0.8.exe」がダウンロードされます。
exeファイルをクリックしてインストールを開始します。

  1. ログの保存場所を選択します。Bitbucketのアカウントをもっている場合は「Bitbucket」を選択します。(Bitbucketサーバーがある場合はそちらを選択してもよいです。)


  2. 認証画面でアカウントに紐づく連携を許可します。
    http://localhost:34106/?state=authenticated&code=xxxxxxxxxxxxxという自分のPC内のURIにジャンプしますが、これで認証が許可されていればOKです。「登録が完了しました」というメッセージ画面が出るので次へボタンを押します。


  3. インストールするものの選択
    すでにGitがインストールされている場合はそれを使うので新たにGitをインストールする必要がありません。はじめてSourceTreeを使い且つPC内にGitがインストールされていない場合はGitも一緒にインストールします。(Gitは同じシステム内に2つ入れるとlockファイルができてしまっていちいち面倒なことになるので一つだけ入れる方が無難です。)Marcurialは通常インストールして問題ありません。
    詳細オプションでは、「改行の自動処理を設定する」にチェックを入れておいた方がいいでしょう。好みや運用方法にもよりますが私はConfigure Global Ignoreにはチェックを入れていません。
    ツールのインストールが完了しましたというメッセージが出たらOKです。


  4. Preference
    ユーザー名とEmailアドレスが挿入されているので問題がなければそのまま次へボタンを押して進みます。

  5. SSHキーの設定


  6. すでにSSHの秘密鍵認証を行っている場合はSSHキーを設定しておいた方が無難です。鍵がない場合はそのまま「いいえ」を押して設定完了になります。
    設定が完了すると自動的にSourceTreeが立ち上がります。


リポジトリの設定

すでにリポジトリがある場合、新規でリポジトリを作成する場合で方法がちょっと違います。個人的にはリポジトリの作成自体はコマンドラインでやった方が楽なのでそっちでやっちゃって、SourceTreeはあくまでも補助的に(Diff見たりする)のに使うようにしてます。

既存のリポジトリを読み込む

Addを選択して既存のリポジトリ(.gitのあるディレクト)を選択します。追加ボタンを押すとリポジトリが読み込まれてSourceTreeが使えるようになります。

※追加ボタンがグレーアウトしていて有効にならない場合はgitの本体がSourceTreeに読み込まれていません。その場合はツールからgitを読み込みます。*1


> *1 「ツール」からオプションを選択し、Gitタブを選択しPC内にインストールされているgit.exeを指定します。

SourceTreeのダウンロードとインストール方法