Sublime text 3でMarkdownを使う

Markdownはもはやどのソフトでも使えるのだけど、やっぱり軽くてすばやいSublime textで使うのが最もここちよいという結論に達しました。なんでいいのかというとブラウザーでリアルタイムでプレビューできて印刷できるのと、Sublime text自体が非常に軽いので使いやすい。それとAtomとかPhpstormみたいなのはちょっと重くてmdエディタというより仕事でガリガリコードを書くということに特化していると思うからです。

Packageをインストールする

必要なパッケージは以下になります。

Packageのインストール

1. [View] > [Show Console] からコンソールを表示させておきます。

Packageをインストールするための準備をします。以下のコードをコンソールにコピペして実行します。

https://packagecontrol.io/installation
sublome text 3のものをコピペしてください。

import urllib.request,os,hashlib; h = '6f4c264a24d933ce70df5dedcf1dcaee' + 'ebe013ee18cced0ef93d5f746d80ef60'; pf = 'Package Control.sublime-package'; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( 'http://packagecontrol.io/' + pf.replace(' ', '%20')).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print('Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install' % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), 'wb' ).write(by)

Sublime Text 3を再起動します。

2. [Tools] > [Command Pallete…]を選ぶ。

よく使うのでショートカットを覚えておけばよいです。[Shift] + [Command] + [P]です。
installなどとタイプすると、メニューの中から候補が絞り込まれるので、Package Control: Install Packageを選択する。
間違ってインストールした場合など、一度インストールしたPackageをアンインストールしたい場合は、[Tools] > [Command Pallete…]から、Package Control: Remove Packageを選び、アンインストールするPackageの名前をクリックします。

  • Markdown Extendedのインストール
    • PackageCongrolからインストールします。Markdownの構文配色。
  • Markdown Editingのインストール
    • PackageCongrolからインストール
    • モノクロのColor scheme(私は Monokai extendedに落ち着いています)
    • Alt + B (Win)、Command + Option + B (Mac)で太字
    • Alt + I (Win)、Command + Option + I (Mac)で斜字
    • Ctrl + 数字1-6 (Win)、Command + Control+ 数字1-6 (Mac)でHeader
  • OmniMarkupPreviewerのインストール
    • PackageCongrolからインストール
    • Ctrl + Alt + O (Windows)、Command + Option + O (Mac)で、Markdownをブラウザでプレビュー
    • 変更内容が開きっぱなしのブラウザに自動で反映される点で,類似のMarkdown previwer よりもずっと優れている。
    • これは重要
    • なお、これらのパッケージを使わなくとも、
    • Tools > Build System > Markdown を選んでおき
    • Tools > Build、または Ctrl+B (Windows)、あるいはCommand + B (Mac)によって、オリジナルと同じ場所にhtmlファイルが生成されるので、これをブラウザで開けばpreviewすることができる。

https://qiita.com/kouichi-c-nakamura/items/e2aa565ac4571d1a5ff5

Last update: 2019.03.21 (木)