Mermaidを使ったMarkdown形式のシーケンス図(UML)を書く

2019.10.4 (金)

テキストで図を管理できるので、仕様変更をGit管理できるというのがとてもよいです。
主にvs code上で使うことが多いですが、簡易的な場合はtyporaで使うのがいちばんいいです。vs codeはプラグイン的な扱いでmarmaidを導入しますが、typoraはそのままで使えます。

sequenceDiagramでこんなような書き方ができます。

sequenceDiagram
    foo->>bar: 

数を増やしたいときは、それに連なるものをつなげてゆきます。

sequenceDiagram
    foo->>bar: 
    bar->>baz: 

いくらでもつなげます。

sequenceDiagram
    foo->>bar: 
    bar->>baz: 
    baz->>qux: 
    qux->>quux: 

これは→の方向でつないでいるので、矢印の向きや場所を自由に設定できます。

sequenceDiagram
    foo->>bar: 
    bar->>baz: 
    bar->>qux: 
    quux->>foo: