digの使い方

2020.2.28 (金)

普通に使う場合はこれ。

$ dig example.com

そのマシンのネットワークに設定されているDNSを使って名前解決します。通常は外にforwardされている感じになります。社内などの閉じられた環境では、社内のDNSを引いて、そこで解決できなければforwardするみたいな設定になっているはずです。
名前解決するホストを明示的にする際は、@hostを使います。

$ dig example.com @192.168.2.5

詳しくデバックするとき

$ dig +trace example.com @host

かなり詳しい名前解決ができます。ローカルとグローバルで違うAレコードを持っている場合でも両方の名前解決を出力します。