Category "Nodejs"を表示しています。
2019.3.24 日
node.jsが突如消えるときがあります。実際は消えているわけではなくて、選択できなくなっているということになってます。 以下のコマンドでnode.jsのバージョンを確認すると、一覧がきちんと出てくるはずです。 $ nodebrew ls-remote useすればもう一度使えるようになります。 $ nodebrew ls-remote $ nodebrew install-binary latest $ nodebrew use v11.12.0 $ nodebrew list $ echo 'export PATH=$PATH:/Users/xxxxx/.nodebrew/current/bin' >> ~/.bashrc $ vi ~/.bashrc $ source ~/...
2018.9.28 金
$ npm install audited 7693 packages in 44.258s found 3 vulnerabilities (2 low, 1 high) run `npm audit fix` to fix them, or `npm audit` for details 「3つの脆弱性が見つかりました(低2、高1)。それらを修正するために npm audit fixを実行するか、詳細についてnpm auditを実行します。」というのが最近出てきます。脆弱性(vulnerabilities)とか言われるとたいしたことないのにイヤな感じです。 手順 npmのバージョンあげる。 npm i -g npm 確認する(audit)する npm audit 解決するコマンドを出して...
2018.7.27 金
Windows10 (Local PC) インストール 8.11.3LTSをダウンロードしてインストールします。(2018-07-27現在)インストーラが起動するので楽ちん。すでにインストールされているnode.jsがある場合は上書きされるっぽい。 https://nodejs.org/en/ インストール終わったら、 $ node -v v8.11.3 でバージョン確認して終わり。 npmインストール 入っているかどうか見ておく。入ってなかったら入れる。 $ npm -v 5.6.0 ちょっと古いけどOK。 node.jsのテスト ちょんプロを書いてみる。 // node_test.js var http = require('http'); http.createServer(funct...
2018.5.9 水
できるだけプロダクト環境というか実践に耐えうるnodeサーバーの構築方法です。バージョンアップと開発がやたらにスピーディーなのでプロダクトって何のことやらという話でもあるのですが。ちなみに2018-05-09現在のものになります。 version Node.js 8.11.1を選びます。 リリース一覧ではLTSの最新になっているからです。どこからダウンロードすればいいのか探してみたら、 http://nodejs.org/dist/ ここらでダウンロードできそうです。 ソースの入手とインストール (最新版をバイナリからインストール) もう、どれとってくればいいんだかわからんです。 https://nodejs.org/download/release/v8.11.1/ よくわからんので、 n...
2017.12.6 水
gulpは正直複雑すぎて結構つらい。 npm-scriptsが断然いい。 gulpより簡易でシンプル。preprosよりプロっぽい。sassより柔軟。 cidermitaina/starter-kit-npm-script まずはnode.jsが動くようにしておくのと、npmでnode_moduleを予めインストールしておくこと。 git@github.com:cidermitaina/starter-kit-npm-script.git npm install package.jsonのある階層で、以下実行。ビルトインサーバー的な感じで npm run start 私の環境ではChromeでlocalhost:3000でサーバーが立ち上がります。 publicがDocumentRootにな...
2016.6.14 火
もうちまたにこのような情報は溢れかえっているので簡単に。 ここではCentOS6にインストール手順を書いています。 nodejsのインストール まずはnodejsのインストール。本家はここ # yum -y install nodejs 2016-06-14時点ではv4.4.5がインストールされています。バージョン管理はnpmで確かできるはず。 一応バージョン確認 # node -v どこにあるかというと、 # whitch node /usr/bin/node ということらしいです。 npmのインストール # yum -y install npm バージョン確認 # npm -v 2.15.5 で完了。
2016.6.10 金
MEANスタックと呼ばれている次世代のLAMPみたいなものがあって、 MongoDB Express AngularJS Nodejs というものがあります。調べれば情報が山程出てくるので、それはそちらに任せることにして、ここでは別な感じでいろいろ説明します。ノンブロッキングとイベントループ、ワンスレッドというのが今までとちょっと違うところなわけですが、どっちにしろwebという概念の中での話になってくるのでここらを説明してゆきます。あんまり関係ないと思いますが、以下の環境でいろいろやってます。Rethat LinuxとかCentOS6でもあんまりかわらない感じしてます。 Ubuntu 14.01 node v6.2.1 npm 3.9.3 Apache 2.4.18 (Ubuntu) バーチ...