hello foo bar Saba noteLinuxのテクニック集(逆引き)
Category "Backend"を表示しています。
2019.12.11 水
ファイルの数をカウントする(ファイルの数を数える) ./と../、Toatal行が出るので3行抜いた数で計算しないと合わなくなります。 # ls -al ./DIR | wc -l この数からマイナス3をした数がファイル数です。(が、中にディレクトリがある場合は、それも加算されちゃうので、findでやった方がいいかも。)
2017.4.9 日
rootのパスワード Ubuntuではデフォルトでrootのパスワードが設定されていません。インストール時に設定できるユーザーがsudo suでroot権限を得てコマンドを打つしかないのですが、rootにパスワードを設定すると普通にその他のOSと同様にrootでログイン可能です。Ubuntuでは基本的にrootのパスワード設定は推奨されていません。パスワードを設定しなければroot権限を乗っ取られることが殆どないと判断しているからです。ですのでパスワード設定には十分注意してください。 まず設定ユーザーでログインする。 sudo su [Enter]を打つとパスワードを要求されます。この時、rootのパスワードは当然まだないのでこのユーザーのパスワードを打ちます。(不思議です。) root権限...
2017.4.9 日
Mac用のyumとかapt-getみたいなものです。 Homebebrew for mac brewインストール 以下のコマンドでインストールできますが、最新のコマンドは公式ページから取得するのがよさそう。root以外のユーザーでやるとsuしないとダメなので途中でrootのパスワード求められます。 $ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" .... Installation successful! brewインストール後 インストールに成功したら”brew help”でコマンド一覧を確認しておきましょう。数も少ないし。 $ br...
2017.3.31 金
/etc/profileにショートカットを追加しておく llでリスト表示させるようにしておきます。 vi /etc/profile .... # some more ls aliases alias ll='ls -al' alias la='ls -A' alias l='ls -CF' 追記が気持ち悪い人は、/etc/profile.dでもいい。 cd /etc/profile.d touch bash_alias.sh vi # some more ls aliases alias ll='ls -al' alias la='ls -A' alias l='ls -CF' :wq
2017.3.14 火
Apacheの権威みたいになってきて気持ち悪いことになってきたので、nginx派になろうとして、nginxでphpを設定するときにphp-fpmでハマる。 socketがない 2017/03/14 19:49:50 [crit] 1224#1224: *8 connect() to unix:/var/run/php-fpm.sock failed (2: No such file or directory) while connecting to upstream, client: 123.456.789.000, server: www.example.com, request: "GET /test.php HTTP/1.1", upstream: "fastcgi://unix:/v...
2017.3.14 火
オプション・パッケージをインストールする # yum -y upgrade # yum groupinstall "Base" # yum groupinstall "Development tools" # yum groupinstall "Japanese Support" # yum install bind-utils (dig install) # yum install nmap 上記で事足りますが、その他自分が使うものをいろいろ見繕ってインストール。yumのupgradeをしておくと、”Base”,”Development tools”,”Japanese Support”はすでにインストールされてるっぽ...
2017.1.4 水
以前のOSと比べても全くやり方変わらないのですが、いろいろとちょっと違ったりするので書いておきます。(違わないかも) インストール インストールはこれだけでOKです。Ubuntuならサーバー自体をクライアントとして使う場合もあるかと思うのでopenssh-clientも一緒に入れておくとよいと思います。 apt-get -y install openssh-server openssh-client なんか設定中にいろいろやりすぎて失敗しちゃった場合は、 apt-get -y remove openssh-server openssh-client で一度削除してからもう一度インストールしなおすとよいと思います。 インストールした時点で起動させてみる # /etc/init.d/ssh re...
2016.11.7 月
yum update インストール直後にはこれをやっておきます。というのはその他の設定をしたあとにアップデートすると動かなくなることが稀にあるからです。 yum update プロンプトに表示されるホスト名の設定 実際のホスト名(ドメイン)などの設定はあとでもいいとして、プロンプトに出てくるホスト名を設定しておかないと、他のサーバーと間違えるという事故が発生するのでここは絶対やっておくのがよいと思います。 [vi /etc/sysconfig/network] NETWORKING="yes" HOSTNAME=ホスト名(プロンプトに表示したい名前) 反映するにはサーバー筐体の再起動が必要になります。rebootしてください。 viの日本語設定 ものにもよるんですが、LANG=”...
2016.11.4 金
インストール yum -y install samba4 samba4-client smbd -V これで完了。その時々のSambaのバージョンが適当に入ります。他のバージョンのSambaを入れる場合はリポジトリとか入れ替えたりしないと駄目かも。 CentOS6だとVersion 4.2.10が入ってきます。ちょっと枯れた感じのSambaになります。 基本的な設定 66行目以下(globalの項目) iunix charset = UTF-8 dos charset = CP932 87行目 workgroup = WORKGROUP hosts allow = 127. 192.168.12. 60.94.37.1 120行目:追記 ( 認証なし設定 ) security = user ...
2016.10.12 水
ひっさびさに同期の設定したら全然できなくてかなり参ったので、もう基本からやり直しみたいな感じでの備忘録です。なんだかんだでCentOS7にする人もいないし専用サーバーもCentOS6だし今回もCentOS6でやりました。 これ初心者がやろうとしたら意味わからないんじゃないかなと思いつつも、自分でも相当に忘れてしまっていたのでざっと基本的な流れをおさらいします。 特に説明も何もないとは思いつつも複数のWEBサーバー何かの同期を取る際には結局リアルタイムでミラーリングすることになります。ロードバランサーによる振り分けなどでWEBサーバーの冗長化を伴うとずべてのWEBサーバーの内容は全く同じでなければなりません。やり方としてはすべてのWEBサーバーにNASなんかをマウントしちゃって…というの1番楽...
2016.9.14 水
yumのアップデート 有無を言わさずyumのアップデートをしておきましょう。グローバルIPを削除するとできなくなってしまうので今のうちに。 yum -y update ホストの設定 とはいえ初期段階では儀式的なものになりますが、設定しておいた方がよいのです。HOSTは複数設定できるので必要なものはすべて設定しておくとよいです。 グローバルIPにはドメインなど。プライベートIPには実質的なホスト名などを設定します。 (vi /etc/hosts) 127.0.0.1 localhost 192.168.1.2 saba 120.340.560.xxx saba.omnioo.com プロンプトに表示されるユーザー名 ssh接続するとデフォルトのユーザー(たぶんプライベートIP)が表示されるので...
2016.6.14 火
Server構築のノウハウみたいなものがつい数年前まではあったのだけど、2016年現在はもうなくなりました。というのはクラウドという概念が確立してしまったからです。しかしこんな現在でも「あれこれこういう案件なのですが、サーバー構築ではどのようなプランを選んだらいいでしょうか?」的な質問を毎日される。これはもう非常にナンセンスな質問です。 – あらかじめアクセス数がわかっている。 – サーバーにのっけるアプリケーションの仕様がすでに決まっている。 少なくともこの2点が揃っていないとサーバー構築の設計なんてできません。ヘタすればさくらのレンタルサーバー500円で充分足りる場合もあるだろうし、AWSでWebサーバー5台構成+CDN的なキャッシュサーバーが必要な場合もあります...
2016.6.9 木
かなりむかしだけどnetscape navigatorとかもコマンドラインから使えた時代があったんですが、今まだあるんですかね。 Ubuntu14.01環境での話ではありますが、lynxというのがテキストブラウザーとしては手軽でいいです。nodejsとかでいろいろやる際にリモートでコマンドライン上で操作しているとlocalhostでブラウザーが見れないので、こういうのあるととても便利です。 # apt-get -y install lynx 立ち上げるときは、 # lynx [host or URL] で使えます。停止はquitだかexitだかを適当に打てばOKです。
2016.6.8 水
Linux系のマシンではrootとそのほかのユーザーに分かれていてroot以下はそれぞれの権限内での操作しかできないようになっています。それぞれいろいろ設定しておく必要があります。 ユーザーの作成 基本的なコマンドは以下の通りです。usermodとかほとんど使わないです。 command useradd ユーザー作成 usermod 更新 userdel ユーザー削除 passwd パスワード作成・変更 新規ユーザー作成 新規でユーザーを作成すると/home以下に作成したユーザーの専用ディレクトリが自動的に作成されます。 # useradd test /home/testが作成されているはずです。 # ls /home ec2-user test ←作成されている また、passwdファイル...
2016.5.6 金
Ubuntu 16.04 ダウンロード Ubuntu 16.04 (Xenial Xerus)のisoイメージをダウンロードします。1.3GB近くあるのでダウンロードは結構時間かかります。リリースノートに目を通しておくとよいかと思います。 https://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1604-ja-remix isoイメージがダウンロードできたら、適当なDVDに焼いておきます。 インストール インストールするPCにDVDをセットします。おそらくPCを立ち上げると自動的にDVDドライブからUbuntuのインストーラー(的なもの)が立ち上がると思いますが、そうならない場合はBiosなんかでDVDから起動するように設定します。マシンに依存するので特に決まったやり方は...
2016.4.11 月
ppk形式がかなり鬱陶しい今日このごろです。 id_rsaからppk puttygen.exeを起動 [Load] をクリックしてid_rsa をロード ロードできたら、[Save private key] をクリックしてppkファイルを保存
2016.4.3 日
コマンドのエイリアスは、ユーザーディレクトリ内に.bashrcで作成します。私自身が最低限必要のは以下ぐらいでしょうか。 /home/USERDIR以下に隠しファイルで.bash_profileまたは.bashrcを新規で作成するか、既存のファイル内に追加します。(ひょっとしたら既存のファイル内のコメントアウトを外す作業になるかもしれません。) またOSによっては、.bash_profileに書かないと効かない場合もあるかもです。 alias ll='ls -al' alias la='ls -A' alias l='ls -CF' プロンプトも使いづらいことがあるので、[USER@HOSTNAME 00:00 $]みたいな形式にしておく。 PS1='\[\e[37m\]bluma@\u \...
2016.3.28 月
keyの作成 SSLのCSRの発行は最初にkeyを作ってその文字列からCSRを発行します。keyにはパスワードをかけることができてCSRと共通になります。最近のSSL証明書はたいてい2048で作成するので以下のようなコマンドになります。 openssl genrsa -rand rand.dat -des3 2048 > user_key.pem パスフレーズ(パスワード)なしで設定する時は以下のコマンドになります。パスワードなしにして特にセキュリティー的に云々は殆ど関係ないです。最近のVPSクラウドとかだとメンテナンス時に再起動とか勝手にかけられるのでパスワードなしの方が無難です。Apache再起動時にパスワードが必要になるので、自動起動ができなくなります。 openssl genr...
2016.3.20 日
サーバーサイドでも直接sassが使えないと結構不便ということで、インストールしてみた。 まずはrubyのインストール yum install -y ruby rubygems ruby-devel libffi-devel gcc gem install sass gem install ffi gem install compass これでいいっぽい。くそみたいに時間がかかる。
2016.3.11 金
原因がよくわからないのだけどNFSクライアントの設定をしたサーバーを再起動したら起動できなくなってしまった。 .... NFS サービスを起動中: [ OK ] NFS mountd を起動中: [失敗] NFS デーモンを起動中: svc: failed to register nfsdv2 RPC service (errno 110). svc: failed to register nfsaclv2 RPC service (errno 110). nfsd: last server has exited, flushing export cache rpc.nfsd: writing fd to kernel failed: errno 110 (Connection timed ...