Category "Terraform"を表示しています。
2019.10.20 日
Cloud SQLはVMインスタンスなどとちょっと勝手が違うので備忘録的なメモ。 TerraformのAPIのDocumentはこちら。 google_sql_database_instance 正しい書き方にも関わらず以下のようなエラーが出るときがあります。 Error: Error, failed to create instance master-instance: googleapi: Error 403: Cloud SQL Admin API has not been used in project xxxxxxxxxxxx before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.goo...
2019.10.17 木
Terraformでインフラを管理する場合、いわゆる冪等性を担保するためにステータスを共有する必要があります。このステータスを管理するためにTerraformのBackend機能というものがあります。Backend機能を使ってステータス情報を共有のストレージに格納し共有します。terraform applyを実行する際にはこの共有ステータスを見に行くことになるので、複数のリモート環境から実行するこが可能です。 今回はGCPのCloud storageを使ってみます。 仕組み 正直terraformのbackanedなるものがどこまでを指しているんだかわからないのですが、おそらくterraform.tfstateを指しているんだということでよいかと思います。このステータス管理しているterra...
2019.9.30 月
既存のVMインスタンスの設定をterraform側に還元できるというやつです。ぶっちゃけimportの意味がよくわからなくなります。 公式ドキュメントはこちら Import Usage v0.7.0以降のterraformで可能な機能で、ここではGCPでもってTerraform v0.12.3で説明します。 公式では構成ファイルを作成するには至っておらず、状態のパラメータのみをjsonで吐き出すとのこと。手動でtfファイルを作らないといけない作業は残りますが、これはそうとう便利になったということができます。https://www.terraform.io/docs/import/index.html インポート Terraformは、既存のインフラストラクチャをインポートできます。これにより...
2019.9.24 火
Terraform for GCPの目次 Terraformを使ってみていろいろな側面が見えてきたので、Terraformとはを含めて諸々書いてゆきたいと思います。 Terrafromはクラウドサーバー構築のAPIで、いわゆる設定ファイルを読み込んで実行するだけで今までポチポチと管理コンソールで行っていた設定を一気に実行できるという利点がまずあります。とはいえインフラストラクチャーをコマンド上で実行するのは非常に抵抗があるという方は冪等性という概念を一度理解してあげるとそこそこ安心するのではないかと思います。またこの「設定ファイルを読み込んで実行する」というのは、設定ファイルをgitなどで管理できて、その変更履歴を常に保存できるという利点もあります。そしてこれはインフラ構築のパラメータ管理を...