Archive "2017年8月"を表示しています。
2017.8.31 木
/tmp/ディレクトリ下は、テンポラリ領域としてファイルの解凍や一時的に利用するファイルが書き出されています。常時稼働させている状態でしばらくの日数を経て/tmp/下を見ると、以前あったファイルが無くなっている場合がありますが、これはどのようなタイミングで削除されたのだろうかというと、1日1回実行されるcronスケジュールで実行されるスクリプト「tmpwatch」から実行されるコマンド「tmpwatch」によって判断されているっぽいです。 # file /usr/sbin/tmpwatch /usr/sbin/tmpwatch: ELF 32-bit LSB executable, Intel 80386, version 1 (SYSV), dynamically linked (uses...
2017.8.27 日
パッケージ作っておくととても便利です。PerlのCPANみたいなものでphpで作成したPackageはPackagistに登録してGithubにソースをおいておくということになってますね。
2017.8.27 日
アクションフックみたいな話があるんですが、Laravel5.4も似たようなものがなくはないといった感じです。リスナーとかイベントとかがそれにあたるでしょうか。あるいはイベントとかリスナーを使ってアクションフック的なものを作るといったことになるでしょうか。 まずは、ログインの機能の全体を見てみましょう。その中で自分の望む場所に機能を入れ込むのがよいと思います。 ログインの流れ ログイン時の最初のインターフェイスはこのコントローラになります。 app/Http/Controllers/Auth/LoginController.php このファイル自体は非常に簡素です。ログインしたときのトップページになるパスにリダイレクト指定。それ以外の場合はゲストとしての例外処理としてログアウト、というだけにな...
2017.8.27 日
Laravel5.6からログの設定がかなり変更あったようで以前の設定だとエラーが出ます。 Laravel5.6 での ログ設定について Laravel 5.7 ログ アプリケーション開発で必要なのがログの設定です。ログの設定はあらかじめ用意されているMonologを使うのがよいです。 Monolog自体は(たぶん)独立したパッケージの筈。 https://packagist.org/packages/monolog/monolog ここからダウンロードするとか、Githubで入手するとか、Composerでいい感じにしておくとかいろいろできます。 標準のログ Larabelの標準のログもMonologでやっているようです。 Laravel 5.4 エラーとログ 細かいこと抜きにするとやり方は...
2017.8.24 木
ERROR 1064 (42000) at line 9****: You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your MySQL server version for the right syntax to use near 'Fatal error: Allowed memory size of 536****** bytes exhausted (tried to allocate' at line 40 mysqlのリストア時に出たエラーでちょっと見慣れないなぁと思っていたら、ダンプの時点でコケてました。phpMyAdminからおとしてきたダンプファイルだったので、phpMyA...
2017.8.23 水
メンテナンス画面だけだったらartisanでできます。 http://qiita.com/qwe001/items/0e393040127d66879fad
2017.8.23 水
という機能があるんですが、一度ログインすると普通にログアウトできなくなります。ログアウトする場合は、以下のCookieを探して削除する。 wp-postpass_[32文字英数字]
2017.8.23 水
monolog Laravel-debugbarの導入 DBセッション Validation 日本語化 Laravelの最適化(高速化) Laravel5のエラーページカスタマイズ 403,404,500など。
2017.8.16 水
PHPで実行時間を測定するときは、1/1000秒単位で測るので、以下のような感じになります。 $start_time = microtime(true); //何らかのコード $end_time = microtime(true) - $start_time; var_dump($end_time );
2017.8.4 金
この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
2017.8.2 水
基本事項 .env以外はすべてのファイルが環境依存しないようにすべてパラメータで制御すべし。 vendor以下は触らない。もし修正変更したいことがある場合はtraitをオーバーライドすべし。 vendorはcomposerで管理すること。(Gitでは管理しない) 独自の共通class、共通traitはapp以下にもつべし。(vendor以下にもつことができれば尚よし。) 新しい機能は自分で作らず、Packagistを検索すべし。 やりたくなるけど抑えよう! $_POST,$_GET,$_SESSIONなどスーパーグローバル変数は使ってはいけない。(デバック時の参照ぐらいに使うべし) 思わずフロントコントローラに全部書いちゃうのはNG。後から使いまわせるように抽象度の高いコードを書いてAuto...