hello foo bar Saba noteRsyncのPHPリブラリー albertofem/rsync-libの使い方
Archive "2018年2月"を表示しています。
2018.2.28 水
Rsyncの使い方では生のコマンドラインの説明なんですが、PHPでRsync使おうとするといろいろ面倒ですが、albertofem/rsync-lib使うとすごい楽ちんです。単にRsyncのラッパーで中でコマンドラインを生成してshell_exec()しているだけというものですが、とてもシンプルでよくできています。 Packagist@ https://packagist.org/packages/albertofem/rsync-lib Github@ https://github.com/albertofem/rsync-lib インストールと入手 コンポーザーで落としてくるのが楽。すでにコンポーザーの設定している人はコンポーザー自体を落としてくる必要ないです。 php -r "copy...
2018.2.23 金
ショートコードの基本形 本家に全部書いてあるので冗長ですが。 functions.phpに以下を書きます。 /* Short code */ function foobar_func( $atts ){ return "foo and bar"; } add_shortcode( 'foobar', 'foobar_func' ); で、記事中に [foobar] というショートコードを追記します。すると「foo and bar」で出力されます。 ここまでは簡単。foobar_func()で返される値をadd_shortcode()というWordpress特有の関数でショートコードに 引数のあるショートコード 別にextract使う必要もないだろうと思いますが。 function hogeF...
2018.2.19 月
Expected response code 250 but got code "530", with message "530 5.7.1 Authentication required " キャッシュクリアすると治るっぽい。
2018.2.14 水
jQueryのAjaxってたぶん数年後には死んでるらしい。あのFlashのように! Sourceの入手・ダウンロード このソースをまるごとコピペしてsuperagent.jsとリネーム。 https://wzrd.in/standalone/superagent@latest フルパッケージだとGithubがよし。 https://github.com/visionmedia/superagent 普通に使う まずは普通に使う。 <script src="/js/superagent.js"></script> 普通にGETする。 request .get('/') .end(function(err, res){ console.log(res.text);//レス...
2018.2.13 火
PackagistとGithubを使った開発は、もちろん単独で可能ですが、ここではLaravelに組み込むかたちでの開発手順を紹介します。 vendor以下はGit管理から外す Laravelの開発ではvendor以下はcomposerで引っ張り込むのがベストなので、.gitignoreにvendor以下を登録しておくのが前提です。ここの開発保守は他の方々におまかせしてアプリケーションの開発者はcomposerに頼っちゃうというのがベスト・プラクティスとなるかと。 その他の人にお任せしている部分の一部を自分でも開発してしまおうという塩梅になります。 開発のスターター 開発のスタートとしては、vendor以下にGithubのアカウントでこしらえると後々楽です。それから開発ソフト名みたいな感じが...
2018.2.12 月
POSTする際にCSRFトークンを設定していないか、あるいはトークンのセッションが切れたときに出るLaravelのデフォルトのエラーです。 このエラー画面をカスタマイズします。 デフォルトのコントローラは、 vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Foundation/Http/Middleware/VerifyCsrfToken.php vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Session/TokenMismatchException.php デフォルトのbladは、 vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Foundation/Exceptions/views/419...
2018.2.7 水
いろいろな方法があるのですが、ここはfunctions.phpをつかったわりとベタな方法を紹介します。 プラグインを使う方法もあるようですが、ここではfunctions.phpを使って書く方法を紹介します。 https://wpdocs.osdn.jp/%E6%8A%95%E7%A8%BF%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97 add_action( 'init', 'create_post_type1' ); function create_post_type1() { register_post_type( 'customhome', array( 'labels' => array( 'name' => 'ポストタイプ名', 'singular_name' ...
2018.2.7 水
画像加工ではこのパッケージが一番人気なんではないでしょうか。 Github Intervention/image Packagist intervention/image インストール composerの実行できるディレクトリ(composer.jsonがおいてあるディレクトリ)で以下を実行してインストールします。 composer require intervention/image 更新されるのは、2ファイルとvendor以下にinterventionがインストールされます。 composer.json composer.lock vendor/intervention 必要なファイルはこれで揃いました。 ProviderとFacadeの追加 そのままでは使えないので、サービスプロバイダ...
2018.2.4 日
なんで最近モーダルっていうんですか。むかしみんな勘違いしつつライトボックスって言ってませんでしたっけ? アンカーのdata-target=”#sampleModal”を値をidに指定するというだけです。 <a class="btn btn-primary btn-lg" data-toggle="modal" data-target="#sampleModal"> モーダル・ダイアログ 呼び出し </a> <!-- モーダル・ダイアログ --> <div class="modal fade" id="sampleModal" tabindex="-1"> <div class="modal-dialog"> ...
2018.2.4 日
Laravel 5.5 Eloquent:利用の開始 Tip!! Eloquentモデルはクエリビルダですから、クエリビルダで使用できる全メソッドを確認しておくべきでしょう。Eloquentクエリでどんなメソッドも使用できます。 っていうことなので、結局クエリービルダーです。 use Illuminate\Support\Facades\DB; ファサードのDBを使うだけでよいっぽいです。モデルが云々とかエンティティーが云々いうよりテーブル名を直接指定するので直感的といえば直感的です。取得したオブジェクトは外側の殻がオブジェクトでレコードが配列で、各カラムの値がオブジェクトというわかりやすいんだかわかりずらいんだかわからない感じです。 コントローラでファサードのDBを呼び出します。 use ...
2018.2.1 木
On RailsであれLaravelであれ、ここらの仕組みはだいたい同じです。WEBというものはそもそもそうだったのだ!と思い出させてれるのがこのMVCとルーティングを使った仕組みです。 WEBの勉強をはじめた場合、ここらがすっ飛ばされていきなりHTMLコーディングなどをはじめてしまうためこれらの根本的な仕組みが浸透せず一部のエンジニアだけが知るということになっています。 しかしより複雑なことを簡単に表現するにはこれらの原始的な仕組みを利用した方がよく、且つこれらの仕組みはさほど難しいことではありません。 誤解1: URLとフォルダー階層 最初に言ってしまうと、WEBの世界にURLとフォルダー階層は「ない」と思ってください。これが最大の誤解です。こんなものは最終的に尾ひれがついて出来上がった...