Archive "2019年1月"を表示しています。
2019.1.31 木
GCPのロードバランサーの主な機能 GOOGLE CLOUD LOAD BALANCING HTTP(S)負荷分散 いわゆる普通のロードバランサー Stackdriver Logging アクセスログと負荷分散ログがあってGoogle Cloud Storage、Google BigQuery、Google Cloud Pub/Subで解析作業などができます。 自動スケーリング ポリシーを設定してオートスケールできます。 Cloud CDN との統合 これはいいぞ。 料金 ここが一番きになるところ。正直よくわからない。 Google Compute Engine の料金
2019.1.23 水
RDBMSとして – Oracle Database(以下、Oracle) – PostgreSQL – Postgres Plus Enterprise Edition(以下PPEE) ※PostgreSQLエンジンを使用し、Oracleとの高い互換性を持ったRDBMS。本記事ではPostgreSQLと異なる場合に記載。 – MySQL – MariaDB ※MySQLのブランチであり、MySQLをベースに機能が強化されたRDBMS。本記事ではMySQLと異なる場合に記載。
2019.1.23 水
開発中のブランチにmasterブランチを取り込む git checkout master git fetch origin master git merge FETCH_HEAD HEAD git checkout TARGET_BRANCH git merge master
2019.1.9 水
特定のファイルのみの履歴(log)を取得する git log -p PATH/FILE_NAME -pでコミット履歴とともにdiffが取れます。-pをつけない場合は通常のlogと同様になりますが最新4件だけ取得します。
2019.1.7 月
WordPressのアクションフックの話なので特に説明も何もないんですが備忘録して。 今回の趣旨はマニュアルや資料をWordpressを使ってコンテンツを整理しておきたく、また資料はmdで保存しておきたいというのがありました。このブログもそうですが、手順書やマニュアルといったものは過去の履歴を含めて保存しておきたいのですが、Wordpressのリビジョン機能は履歴のバージョン管理ではないので、厳密な管理ができない。ですのでファイルで出力しておいてWordpressのコンテンツごとファイルでその履歴を管理してやろうという魂胆です。バックアップにもなる。 また今回はMarkdown変換のプラグインにJP Markdownを利用しています。 WordPressの記事保存時のアクションフック フック...
2019.1.3 木
これは案外難しい。ちょっと考えただけでは駄目でした。 例にある通りだと以下のようになり、英数字のハッシュタグは所定のアンカーリンクに変換できます。 $test = preg_replace("/(?<![0-9a-zA-Z'\"#@=:;])#(\w*[a-zA-Z_])/u", "<a href=\"http://search.twitter.com/search?q=\\1\">#\\1</a>", $test); これに数字と日本語を加えると $textarea = preg_replace("/(?<![0-9a-zA-Z'\"#@=:;])#(\w*[a-zA-Z_0-9ぁ-んァ-ヶ\x{3005}\x{3007}\x{303b}\x{3400}...
2019.1.2 水
Parse error: syntax error, unexpected '?' in ... PHPのバージョンが古い疑い。php5.3とか使って新しいフレームワーク使おうとしているとか。