Archive "2019年3月"を表示しています。
2019.3.30 土
Dockerはすごい速いですね。かなりはやい。なので全然プロダクト環境でも使えるんじゃないかと思うのですが、私の周りはみんなテストするつもりがまるでないです。 構築した環境はGCPのCentOS Linux release 7.6.1810 (Core) です。yum info dockerで確認すると比較的古いものをインストールしようとしてくるので、ここではできるだけ新しいものをインストールするようにします。 Dockerのインストール Docker-composeのインストール niginx php myssqlの設定 Dockerのインストール 設定で面倒臭そうなものを止めておく systemctl stop firewalld systemctl disable firewalld ...
2019.3.28 木
maatwebsite/excelっていうパッケージがあってLaravelで開発するぶんには何もしなくてよいです。 https://github.com/Maatwebsite/Laravel-Excel https://packagist.org/packages/maatwebsite/excel インストール インストールします。(2019-03-28現在の最新版は3.1.10でした) php composer.phar require "maatwebsite/excel:~3.1.10" 後述しますが、3系のパッケージは読み込みの機能がなくなったようです。(前回の方々がなんで?って言ってます) ですので、エクセルの読み込み機能が必要なときは2系のパッケージをインストールしないと駄目...
2019.3.25 月
docker-compose.ymlで以下のように設定します。 .... phpmyadmin: image: phpmyadmin/phpmyadmin environment: - PMA_ARBITRARY=1 - PMA_HOST=mysql - PMA_USER=root - PMA_PASSWORD=SET_PASSWORD links: - mysql ports: - 8080:80 volumes: - /sessions 最終的にはこんなようなカタチになります。 version: '3' services: wordpress: image: wordpress:latest ports: - "3001:80" environment: WORDPRESS_DB_NAM...
2019.3.24 日
node.jsが突如消えるときがあります。実際は消えているわけではなくて、選択できなくなっているということになってます。 以下のコマンドでnode.jsのバージョンを確認すると、一覧がきちんと出てくるはずです。 $ nodebrew ls-remote useすればもう一度使えるようになります。 $ nodebrew ls-remote $ nodebrew install-binary latest $ nodebrew use v11.12.0 $ nodebrew list $ echo 'export PATH=$PATH:/Users/xxxxx/.nodebrew/current/bin' >> ~/.bashrc $ vi ~/.bashrc $ source ~/...
2019.3.23 土
WordPressの環境はもう年間何回作ってるんだといった感じで、WEBのサービスとしてはかなりメジャーになってしまいました。 $ docker pull wordpress $ docker pull mariadb docker-compose.ymlを作成してプロジェクトディレクトリ直下においておく。 記述は以下のようにします。ちょっと解説すると、mysqlのデータベースとWordpressrをつなぐので、DB名とユーザー名とパスワードは同じものを設定します。同じものであれば任意の設定で構いません。 docker-compose.yml version: '2' services: wordpress: image: wordpress:latest ports: - "3001:80...
2019.3.23 土
nginxサイトが配布するPGPキーを追加 curl http://nginx.org/keys/nginx_signing.key | sudo apt-key add - リポジトリを一覧に追加 VCNAME=`cat /etc/lsb-release | grep DISTRIB_CODENAME | cut -d= -f2` && sudo -E sh -c "echo \"deb http://nginx.org/packages/ubuntu/ $VCNAME nginx\" >> /etc/apt/sources.list" VCNAME=`cat /etc/lsb-release | grep DISTRIB_CODENAME | cut -d= ...
2019.3.23 土
GCPは永遠に無料で使える完全な無料枠があります。サンドボックス、勉強にはとてもよいです。 https://cloud.google.com/free/docs/always-free-usage-limits GCEで新しいVMインスタンスを作成する 設定は例として以下のようにします。留意点は、 リージョンの選択は北米のリージョン us central1(アイオワ)にすること。ゾーンはどこでもよいです。 マシンタイプはmicro(共有vCPU x1)と0.6GBを選択します。(つまり最低)$4.28 の月間予測と出ますがリージョンの選択時点で無料になるので気にしない。 HDDは標準タイプで30GBまで無料枠で利用できるので10から30に変更しておくとよい。 IPアドレスを固定IPにする 実...
2019.3.21 木
Markdownはもはやどのソフトでも使えるのだけど、やっぱり軽くてすばやいSublime textで使うのが最もここちよいという結論に達しました。なんでいいのかというとブラウザーでリアルタイムでプレビューできて印刷できるのと、Sublime text自体が非常に軽いので使いやすい。それとAtomとかPhpstormみたいなのはちょっと重くてmdエディタというより仕事でガリガリコードを書くということに特化していると思うからです。 Packageをインストールする 必要なパッケージは以下になります。 Packageのインストール 1. [View] > [Show Console] からコンソールを表示させておきます。 Packageをインストールするための準備をします。以下のコードをコンソー...
2019.3.20 水
リダイレクトはかなり便利になってます。これはヘルパー関数になるのだと思われ。 普通のリダイレクトはこのような形になります。http://example.com/page/indexにリダイレクトされます。 return redirect('page/index'); https://blog.capilano-fw.com/?p=566
2019.3.16 土
結局Sublime Textはいろいろ面倒だけど軽いエディタとしては一級品ということで、かなり使っています。本格的なAtom、本格的過ぎて自分じゃ開拓ないPHPStorm、Linuxサーバー内ではviといった感じ。 アンインストール これをごっそりそのまま削除 /Users/username/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ * アプリケーションの本体も消す /Applications/Sublime\ Text これでOK インストール http://www.sublimetext.com/ ここからダウンロードしてインストール 日本語化ファイルのインストール トップのメニューから、[View] -> [Show Console]を開く...
2019.3.4 月
REST APIの開発においてはなかなかいいソフトがなかったのですが、Insomniaはなかなかいいです。GETやPOSTの形式を指定してアクセスしてレスポンスを確認できます。curlをGUIで弁便利にしたみたいなソフトです。xmlやjsonの入れ子状態をインデントできるとか保存できるとか、いろいろ便利。 https://insomnia.rest/download/#windows https://insomnia.rest/download/#mac すでに名前がむちゃくちゃだな。不眠症。 API開発のテストクライアントとしてとても便利です。Windowsの場合はInsomnia.Setup.6.2.0.exeをダウンロードしてインストールするだけです。