PostgreSQL
PostgreSQL
2019.8.28 水
人物 ルネサンス期を代表する芸術家であり、「飽くなき探究心」と「尽きることのない独創性」を兼ね備えた人物といい、日本の美術史では「万能の天才」といわれている[1]。史上最高の呼び声高い画家の一人であるとともに、人類史上もっとも多才の呼び声も高い人物である[2]。アメリカ人美術史家ヘレン・ガードナー(英語版)は、レオナルドが関心を持っていた領域分野の広さと深さは空前のもので「レオナルドの知性と性格は超人的、神秘的かつ隔絶的なものである」とした[1]。しかしながらマルコ・ロッシは、レオナルドに関して様々な考察がなされているが、レオナルドのものの見方は神秘的などではなく極めて論理的であり、その実証的手法が時代を遥かに先取りしていたのであるとしている[3]。 1452年4...
2019.5.23 木
PostgreSQL11をDockerで構築します。 環境はMacで Docker version 18.09.2 docker-compose version 1.23.2 docker-machine version 0.16.1 Dockerfileの作成 適当なDockerのディレクトリを作成してDockerfileに以下を記述 FROM postgres:11.3 RUN localedef -i ja_JP -c -f UTF-8 -A /usr/share/locale/locale.alias ja_JP.UTF-8 ENV LANG ja_JP.utf8 ビルドします。 $ docker build -t dev-postgres -f Dockerfile . 終わったら...
2019.5.23 木
実行環境の確認 python2で動くAnsibleですが、python3でもサポートしているようです。何かとアップデートが早い時代なので、新しいものにしておいた方がよいかもしれません。 Python 3 Support Ansibleの基本概念 インベントリ(inventory) インベントリは構成管理をする対象ノードへの接続情報を記載したもの。 デフォルトでは /etc/ansible/hosts だが、環境変数 ANSIBLE_HOSTS を設定したり、-i オプションでhostsファイルへのパスを指定可能です。 モジュール(module) モジュールはユーザーを作成したり、ファイルをコピーしたりするもので、多くは冪等性が保たれたものとなります。基本モジュールをそのまま利用するだけで大抵...
2019.5.22 水
バージョン確認 $ terraform --version Terraform v0.11.13
2019.5.13 月
Vue.jsの醍醐味は双方向バインドを簡単にできるところ。vueで設定したモデル(変数や配列)に変更を加えるというところで、なかなかまとめているサイトがなかったのでまとめてみました。 create (insert) read update delete create html <!--html--> <div id="todoList"> <form> <input type="text" v-model="newItem"> <button v-on:click="createItem">Create</button> </form> ... js new Vue({ el: '#todoList', da...
2019.5.8 水
GoogleアカウントとG-Suite GCPはGoogleアカウントが最低一つあれば利用することができます。フリーのGoogleアカウントを取得(またはすでに持っていたら)GCPの無料枠でもってすぐにVMインスタンスを立てて使うことができます。が、いずれにしろ大きなプロジェクトになってくると複数の人間または組織で仕事をすることになるので、アカウントの数や権限を管理しなくてはならくなります。まずGCPは「プロジェクト」という単位で管理します。これは一つのネットワークセグメント単位であり課金請求の単位であり、参加アカウントの単位となります。つまりGoogleアカウントでGCPを契約するとそのアカウントを基準に複数のプロジェクトを立てることがで、このプロジェクトはそれぞれ全く個別の契約という性格...
2019.5.7 火
バージョン確認 select * from v$version Oracle Database 11g Release 11.2.0.4.0 - 64bit Production PL/SQL Release 11.2.0.4.0 - Production CORE 11.2.0.4.0 Production TNS for Linux: Version 11.2.0.4.0 - Production NLSRTL Version 11.2.0.4.0 - Production テーブル一覧 select table_name from user_tables;
2019.5.5 日
Gitのpushのタイミングで自動的にデプロイするなどのやり方です。Webhookを使うことになるので、自動デプロイを含めて何でもできるということになります。例えばpush時のメール通知、ロギング、バックアップ、更新ファイルのリストを記録したり、やりたいことは何でもできるということになります。Gitのリポジトリに対して何かしらのことをしたタイミングでいろいろできるようになっています。 設定方法 リポジトリの以下のディレクトリにwebhookがあります。 REPOS/hooks すでにサンプルがあるので、わかりやすいです。 applypatch-msg.sample commit-msg.sample post-commit.sample post-receive.sample post-up...
2019.4.20 土
縦横、大きさなどいろいろな画像を正方形などでトリミングし中央に配置するとかの方法です。いろいろなカタチの画像をきれいに秩序立てて並べるには、トリミングか縦横を正方形の中に収めるという方法ぐらいしかないです。 CSSだけで画像トリミングできたよ
2019.4.19 金
ここではお名前.comで取得したexample.comというドメインであると仮定して説明しています。 まずは以下のドキュメントを読んでおきましょう。 Cloude DNS クイックスタート Cloude DNS 概要 Cloude DNSの構築手順 GCPにログインしてから、「ネットワークサービス -> CloudDNS」を開きます。以下のような初期画面が出てきます。
2019.4.14 日
WordPressのメディアの貼り付けでBootstrap4のモーダルでポップアップさせてあげる例です。概ね以下のような形式で貼り付けてあげるときれいにポップアップできます。 <a href="#" data-toggle="modal" data-target="#myModal" rel="noopener noreferrer"> <img src="http://example.com/wp-content/uploads/yyyy/some-300x169.jpg" alt="" width="300" height="169" class="alignleft size-medium wp-image-44" /> </a> <!-- M...
2019.4.4 木
公式ページからダウンロード いつものようにインストールしてXAMPP.appを立ち上げます。 こういったXAMPPのランチャーが出てくるので初期設定を行います。 起動 初期画面では右上に赤い丸があって起動していないことを示しています。なのでStartバーを押して起動させてみます。Startさせると黄色い丸になってうまくいくと緑色になります。緑色になったらIPアドレスが出てくるのでメモしておきます! 192.168.64.2 以前はlocalhostで初期の接続をしていましたが、VMになったみたいなので(おそらくDHCP的なもので発行された)IPアドレスで接続します。この例では、http://192.168.64.2/dashboard/にアクセスすることになります。 内包されているサービスは...
2019.4.3 水
よく使うcurlのコマンド url -LI example.com -o /dev/null -w '%{http_code}\n' -s
2019.4.1 月
ミッションコントロールが時々(いや、ごく頻繁に)バグりませんか? その解消方法ですが、 $ killall Dock これを入力することでMission Controlの再起動がかかる。開いているFinderもそのままで再起動がかかるので、このコマンド打って問題なしです。これバグ解消しないんですかね。
2019.4.1 月
以下のようなメッセージが出てアプリケーションをアップデートできないことがあります。 このアップデートは他のユーザによって購入されたか、あるいはアイテムが返金・キャンセルの対象となっているため、この Apple IDで利用できません。 対象アプリケーションを削除してから、もう一度インストールすると正常にアップデートできます。PagesとKeynoteがそのアップデートできない対象アプリケーションだったので、この2つを削除します。削除後にもう一度アップルストアからインストールをします。
2019.4.1 月
CentOS7でDockerを起動してアプリケーションを管理する方法です。 dockerとdocker-composeをインストールする docker すでにDockerがインストールされていた、一度削除して最新のものにします。 yum remove docker docker-common docker-selinux docker-engine 必要なパッケージのインストールをしておきます。 yum install -y yum-utils device-mapper-persistent-data lvm2 dockerのリポジトリの追加 yum-config-manager --add-repo https://download.docker.com/linux/centos/doc...
2019.3.30 土
Dockerはすごい速いですね。かなりはやい。なので全然プロダクト環境でも使えるんじゃないかと思うのですが、私の周りはみんなテストするつもりがまるでないです。 構築した環境はGCPのCentOS Linux release 7.6.1810 (Core) です。yum info dockerで確認すると比較的古いものをインストールしようとしてくるので、ここではできるだけ新しいものをインストールするようにします。 Dockerのインストール Docker-composeのインストール niginx php myssqlの設定 Dockerのインストール 設定で面倒臭そうなものを止めておく systemctl stop firewalld systemctl disable firewalld ...
2019.3.28 木
maatwebsite/excelっていうパッケージがあってLaravelで開発するぶんには何もしなくてよいです。 https://github.com/Maatwebsite/Laravel-Excel https://packagist.org/packages/maatwebsite/excel インストール インストールします。(2019-03-28現在の最新版は3.1.10でした) php composer.phar require "maatwebsite/excel:~3.1.10" 後述しますが、3系のパッケージは読み込みの機能がなくなったようです。(前回の方々がなんで?って言ってます) ですので、エクセルの読み込み機能が必要なときは2系のパッケージをインストールしないと駄目...
2019.3.25 月
docker-compose.ymlで以下のように設定します。 .... phpmyadmin: image: phpmyadmin/phpmyadmin environment: - PMA_ARBITRARY=1 - PMA_HOST=mysql - PMA_USER=root - PMA_PASSWORD=SET_PASSWORD links: - mysql ports: - 8080:80 volumes: - /sessions 最終的にはこんなようなカタチになります。 version: '3' services: wordpress: image: wordpress:latest ports: - "3001:80" environment: WORDPRESS_DB_NAM...
2019.3.24 日
node.jsが突如消えるときがあります。実際は消えているわけではなくて、選択できなくなっているということになってます。 以下のコマンドでnode.jsのバージョンを確認すると、一覧がきちんと出てくるはずです。 $ nodebrew ls-remote useすればもう一度使えるようになります。 $ nodebrew ls-remote $ nodebrew install-binary latest $ nodebrew use v11.12.0 $ nodebrew list $ echo 'export PATH=$PATH:/Users/xxxxx/.nodebrew/current/bin' >> ~/.bashrc $ vi ~/.bashrc $ source ~/...
2019.3.23 土
WordPressの環境はもう年間何回作ってるんだといった感じで、WEBのサービスとしてはかなりメジャーになってしまいました。 $ docker pull wordpress $ docker pull mariadb docker-compose.ymlを作成してプロジェクトディレクトリ直下においておく。 記述は以下のようにします。ちょっと解説すると、mysqlのデータベースとWordpressrをつなぐので、DB名とユーザー名とパスワードは同じものを設定します。同じものであれば任意の設定で構いません。 docker-compose.yml version: '2' services: wordpress: image: wordpress:latest ports: - "3001:80...
2019.3.23 土
nginxサイトが配布するPGPキーを追加 curl http://nginx.org/keys/nginx_signing.key | sudo apt-key add - リポジトリを一覧に追加 VCNAME=`cat /etc/lsb-release | grep DISTRIB_CODENAME | cut -d= -f2` && sudo -E sh -c "echo \"deb http://nginx.org/packages/ubuntu/ $VCNAME nginx\" >> /etc/apt/sources.list" VCNAME=`cat /etc/lsb-release | grep DISTRIB_CODENAME | cut -d= ...
2019.3.23 土
GCPは永遠に無料で使える完全な無料枠があります。サンドボックス、勉強にはとてもよいです。 https://cloud.google.com/free/docs/always-free-usage-limits GCEで新しいVMインスタンスを作成する 設定は例として以下のようにします。留意点は、 リージョンの選択は北米のリージョン us central1(アイオワ)にすること。ゾーンはどこでもよいです。 マシンタイプはmicro(共有vCPU x1)と0.6GBを選択します。(つまり最低)$4.28 の月間予測と出ますがリージョンの選択時点で無料になるので気にしない。 HDDは標準タイプで30GBまで無料枠で利用できるので10から30に変更しておくとよい。 IPアドレスを固定IPにする 実...
2019.3.21 木
Markdownはもはやどのソフトでも使えるのだけど、やっぱり軽くてすばやいSublime textで使うのが最もここちよいという結論に達しました。なんでいいのかというとブラウザーでリアルタイムでプレビューできて印刷できるのと、Sublime text自体が非常に軽いので使いやすい。それとAtomとかPhpstormみたいなのはちょっと重くてmdエディタというより仕事でガリガリコードを書くということに特化していると思うからです。 Packageをインストールする 必要なパッケージは以下になります。 Packageのインストール 1. [View] > [Show Console] からコンソールを表示させておきます。 Packageをインストールするための準備をします。以下のコードをコンソー...
2019.3.20 水
リダイレクトはかなり便利になってます。これはヘルパー関数になるのだと思われ。 普通のリダイレクトはこのような形になります。http://example.com/page/indexにリダイレクトされます。 return redirect('page/index'); https://blog.capilano-fw.com/?p=566
2019.3.16 土
結局Sublime Textはいろいろ面倒だけど軽いエディタとしては一級品ということで、かなり使っています。本格的なAtom、本格的過ぎて自分じゃ開拓ないPHPStorm、Linuxサーバー内ではviといった感じ。 アンインストール これをごっそりそのまま削除 /Users/username/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ * アプリケーションの本体も消す /Applications/Sublime\ Text これでOK インストール http://www.sublimetext.com/ ここからダウンロードしてインストール 日本語化ファイルのインストール トップのメニューから、[View] -> [Show Console]を開く...
2019.3.4 月
REST APIの開発においてはなかなかいいソフトがなかったのですが、Insomniaはなかなかいいです。GETやPOSTの形式を指定してアクセスしてレスポンスを確認できます。curlをGUIで弁便利にしたみたいなソフトです。xmlやjsonの入れ子状態をインデントできるとか保存できるとか、いろいろ便利。 https://insomnia.rest/download/#windows https://insomnia.rest/download/#mac すでに名前がむちゃくちゃだな。不眠症。 API開発のテストクライアントとしてとても便利です。Windowsの場合はInsomnia.Setup.6.2.0.exeをダウンロードしてインストールするだけです。
2019.2.17 日
Docker環境 Docker Version確認 $ docker --version Docker version 18.09.2, build 6247962 Docker ComposeVersion確認 $ docker-compose --version docker-compose version 1.23.2, build 1110ad01 Docker 起動・停止・削除 Docker起動 docker-composeで起動させる場合は、docker-compose.ymlのあるディレクトリ内でコマンドを叩きます。 すべてのDockerを立ち上げる場合。 $ docker-compose up -d 任意のDockerコンテナを立ち上げる場合 $ docker-compose...
2019.1.31 木
GCPのロードバランサーの主な機能 GOOGLE CLOUD LOAD BALANCING HTTP(S)負荷分散 いわゆる普通のロードバランサー Stackdriver Logging アクセスログと負荷分散ログがあってGoogle Cloud Storage、Google BigQuery、Google Cloud Pub/Subで解析作業などができます。 自動スケーリング ポリシーを設定してオートスケールできます。 Cloud CDN との統合 これはいいぞ。 料金 ここが一番きになるところ。正直よくわからない。 Google Compute Engine の料金
2019.1.23 水
RDBMSとして – Oracle Database(以下、Oracle) – PostgreSQL – Postgres Plus Enterprise Edition(以下PPEE) ※PostgreSQLエンジンを使用し、Oracleとの高い互換性を持ったRDBMS。本記事ではPostgreSQLと異なる場合に記載。 – MySQL – MariaDB ※MySQLのブランチであり、MySQLをベースに機能が強化されたRDBMS。本記事ではMySQLと異なる場合に記載。