Tag macを表示しています。
2020.8.15 土
何かと便利なgcloudコマンドを使えるようにします。gcloudはGCPのクラウドコンピューティングができることはおよそすべてできるようになっているので大変便利。 Google Cloud SDK のドキュメント | Cloud SDK | Google Cloud まずはMac環境にPythonがインストールされているか確認してください。たいていの場合はすでにインストール済です。 $ python -V Python 2.7.16 次にgcloudでアクセスしたいプロジェクトの確認をします。すでに作成してある場合はその情報を、まだ作成していない場合はプロジェクトを作成します。 公式ページからMac用のgoogle-cloud-sdkをダウンロードします。 https://cloud.go...
2020.8.15 土
HDDがとにかく足りない。画像なんか保存しておくととにかく足りない。ということでGCPのCloud StorageをHDDのようにマウントします。 Mac上にツールをインストール osxfuseをインストール。 $ cd ~ $ brew cask install osxfuse すごい時間かかる。しばらく待つ。 途中でパスワード入力を促されるのでPCのログインパスワードを入力。 🍺 osxfuse was successfully installed! `` が最後に表示されればOKです。 次にgcsfuseをインストール。 $ brew install gcsfuse これもまあまあ時間がかかる。 インストールが完了したらパスが通っているか確認。 $ gcsfus...
2020.8.4 火
結局Macも既存のPHPがなかなか使いづらいというところがあるので、Homebrewで新たにPHPをインストールしてそれを使うっていう方が格段に使いやすいという話になってしまうというお話です。 PHP7.3のインストール MacはデフォルトでPHPがインストールされていますが、モジュールを追加したりするには結構面倒なことをしないといけないので、brewでパッケージごと入れた方がいいです。 brewからインストールすると以下のパスにPHPが格納されますが、 $ which php /usr/local/opt/php@7.3/bin/php デフォルトのままだと以下に設定されています。 $ which php /usr/bin/php HomebrewからPHPをインストールする brewのア...
2020.7.3 金
vscodeを開いて適当なmarkdownを書いて保存。 [Ctrl]+[Shift]+[V] でプレビューできます。 以上。
2020.6.26 金
コマンドラインでテキストは見れても画像が見れないのは非常に不便なので、コマンドラインからパスを指定すると画像が見れるようにします。 iTerm2 Build 3.3.11 で、可能です。たぶんiTerm2 v3以降だと問題なはず。 以下のソースコードを、 https://iterm2.com/utilities/imgcat /usr/local/bin/imgcatを作成して、貼り付けます。やっていることはBASE64でエンコードしているだけっぽいです。 実行権限をつけます。 $ sudo chmod +x /usr/local/bin/imgcat ($ chmod 755 /usr/local/bin/imgcat) 作業自体はこれで終わり。 実際に画像を表示してみます。 $ /usr...
2020.2.24 月
zsh: command not found: brew おーそういうことですか。 zshはbrewがデフォルトで使えなくなっているようです。というかそもそもインストールしていない場合は、これ。(そもそもインストールしてなかった!) /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" 途中でrootのパスワードを求められるので入力。滞りなく終了します。 Macの開発環境をzshで良い感じにする
2020.2.22 土
LAN内でしか動かないWEBシステムを見るときには非常に便利。VPNなどが最も楽であるのは事実なのですが設備を導入すること自体が非常に敷居が高いし設定するまで手間がかかるので、SSHさえ接続できれば踏み台サーバーから中に入ってブラウザーで見ることができるっつうやつです。まずは踏み台サーバーがすでにあることを前提としているので踏み台サーバーにアクセスできるところから始めます。 正確にいうとPort Forwardとか言うのだけど、このあたりの説明は他のサイトでも図解で詳しく説明してくれているので割愛。 コマンドラインで行う場合は、 $ ssh -v -N -L localhost:8888:192.168.0.3:80 -i /SSHKEY/ -p 1206 user@123.456.789....
2019.12.21 土
マウス使うと仕事遅いよ。 アプリケーションを選択する [control] + [tab] *tabを連打で選択 戻るときは ( [control] + [shift] ) + [tab] スクリーンショット 選択範囲をスクリーンショット (選択範囲をドラッグして離す) [command] + [shift] + 4 画面全体 [command] + [shift] + 3 スクリーンショットの方法を選択する(すべてのスクリーンショットのとり方を選択できる) [command] + [shift] + 5
2019.12.20 金
MacでSSHトンネルをする (Coccinellida)を使うのも鬱陶しくなってきたので、コマンドでやることにしました。接続先の例はこんな感じ。 接続先ホスト host: xxx.xxx.xxx.xxx user: suser port: 22 key: /MYKEY 中継(踏み台)ホスト host: zzz.zzz.zzz.zzz user: buser port: 2222 key: /MYKEY こういうコマンドになる。1234というダミーのポートを使うのがコツです。 $ ssh -L 1234:xxx.xxx.xxx.xxx:22 buser@zzz.zzz.zzz.zzz -p 2222 ターミナル上でプロンプト待ちみたいな感じになるので、そこからTransmitとかでlocal...
2019.11.6 水
MacでiCloudの同期 Google日本語入力 Google Chrome install 日本語入力・英字入力をcommand+spaceに変更 chromeの同期(osamthing@gmail.com) 隠しファイルを表示する
2019.10.3 木
$ killall Dock killだけど自動的に再起動かかります。 または、アクティビティーマネージャーから強制的に停止します。(自動的に起動するので再起動ってことになります。) × Close
2019.4.4 木
公式ページからダウンロード いつものようにインストールしてXAMPP.appを立ち上げます。 こういったXAMPPのランチャーが出てくるので初期設定を行います。 起動 初期画面では右上に赤い丸があって起動していないことを示しています。なのでStartバーを押して起動させてみます。Startさせると黄色い丸になってうまくいくと緑色になります。緑色になったらIPアドレスが出てくるのでメモしておきます! 192.168.64.2 以前はlocalhostで初期の接続をしていましたが、VMになったみたいなので(おそらくDHCP的なもので発行された)IPアドレスで接続します。この例では、http://192.168.64.2/dashboard/にアクセスすることになります。 内包されているサービスは...
2018.12.22 土
8GBから16GBに増設します。 まずは搭載しているメモリの確認。 $ system_profiler SPHardwareDataType Hardware: Hardware Overview: .... Memory: 8 GB .... 8GBなので16GBにします。 物理的にメモリを取り出す Macbookをひっくり返して裏側の蓋を外します。隅に小さなネジがあるので外します。私はメガネ用のドライバーを使いましたがなかったら買うしかないです。 背面部分の3つのネジは長いものになっています。その他はとても小さいので失くさないように注意しましょう。 蓋をカパッとあけると中央にメモリがあるのがすぐわかります。 メモリの両側に抑えのプラスティックの爪があるのでそれを軽く外に開きます。パチンと...
2018.9.12 水
前回のDocker入門と基礎知識(1)ができるようになったら、Docker内で実際に小さなプロジェクトを動かしてみます。 むかーしむかしはローカルPC内にApacheを起動させたりxamppやmamppでwebサーバーを作ったり、もっとむかしはIISとかでwebサーバーを作っていたはずです。それがコンテナ内で比較的お手軽に制作でき且つそのままデプロイできるというのが魅力です。 Dockerはコマンドライン操作が基本なのですが、複雑且つ面倒くさい操作は、 Dockerfile .dockerignore docker-compose.yml というファイルに、かくかくしかじかの設定情報を書いて、まとめてビルドします。 いわゆるpackage.jsonとかcomposer.jsonとか諸々の設定...
2018.9.6 木
いろいろ解説は他のサイトにもあるので、まずはDocker Hubに登録してみましょう。 https://hub.docker.com/ ここでアカウントを取得しておくと Githubみたいに自分で作ったDockerの管理ができるようになります。(自分のローカル内で管理するより数段いい。) MacにDocker環境を作成する ダウンロードとインストール Dockerをダウンロードしてきます。Stableの方でOKかと。499MBぐらいなのでそんなに重くないんですね。 https://store.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-mac 通常のアプリケーションと同様dmgファイルからインストールします。 上部にDockerのアイコンが...
2017.7.5 水
Maria DBなんですかね、本当は。 Macのxamppのmysqlがいちいち立ち上がらないことがあります。ロックできないとか何とかいろいろ言われます。 [ERROR] InnoDB: Unable to lock /Applications/XAMPP/xamppfiles/var/mysql/ibdata1, error: 35 .... まるっと関連ファイル削除して起動すると立ち上がります。理由はまだ探っていません。 rm -f aria_log.00000001 rm -f aria_log_control rm -f ib_logfile0 rm -f ib_logfile1 rm -f ibdata1 場合によっては無駄なmysqlのプロセスを全部killしておく。 で再起動。...
2017.4.19 水
xamppをインストールしていたらmysqlのフルパスがこうなので、こんなになっちゃう。 /Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/mysql -u root -p これだと嫌になっちゃうのでパスを通しておく。 cd ~ vi .bash_profile ユーザーの.bash_profileにパスを追記しておく。 export PATH="/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin:$PATH" 保存したら source .bash_profile これで、 mysql -u root -p で普通にログインできる。
2017.4.11 火
Xcodeインストール Command Line Tools for Xcode Homebrew (書きかけ…) Xcodeインストール 入っていなかったらApple Appsからインストール Command Line Tools のインストール xcode-select --install Mac OSX 10.11 El Capitan にRuby + Rails4 開発環境の構築 Mac OSX 10.12 macOS Sierra にRuby + Rails4 開発環境の構築 Ruby on Rails 4.2 を Mac OS X にインストールする手順をかなり丁寧に説明してみました
2017.4.11 火
brewで更新すると楽。(インストール手順はこちら) brew update これで最新になるので、 brew install git これで終わり。 /usr/bin/git --version git version 2.11.0 (Apple Git-81) フルパスでやると新しいのが入っているんだけど、普通にgitとやると古い方のversion 1.8.4になってしまうので、パスを調整。 既存のものが/usr/local/bin/git、新しいものが/usr/bin/gitにあるので、/usr/local/bin/gitを読みにいっちゃっているというわけです。 vi ~/.bash_profile (これ追記) export PATH="/usr/local/git/bin:$PAT...
2017.4.9 日
Mac用のyumとかapt-getみたいなものです。 Homebebrew for mac brewインストール 以下のコマンドでインストールできますが、最新のコマンドは公式ページから取得するのがよさそう。root以外のユーザーでやるとsuしないとダメなので途中でrootのパスワード求められます。 $ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" .... Installation successful! brewインストール後 インストールに成功したら”brew help”でコマンド一覧を確認しておきましょう。数も少ないし。 $ br...
2016.11.17 木
MacOS Mojaveになってsudo suしてみたら何も設定しなくてもrootになれました。それ以前のバージョンでは以下のような設定をしないとrootが有効にならないということになります。 ターミナルでしか使わないですが、 Apple メニューから「システム環境設定」を選択します。 「表示」メニューから「ユーザとグループ」を選択します。 鍵アイコンをクリックし、管理者アカウントで認証します。 「ログインオプション」をクリックします。 右下の「編集」または「接続」ボタンをクリックします。(私の環境では「接続」だった) 「ディレクトリユーティリティを開く」をクリックします。 「ディレクトリユーティリティ」ウインドウの鍵アイコンをクリックします。 管理者アカウント名とパスワードを入力し、「OK...
2016.10.30 日
ターミナルを立ち上げて defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true それから、Finderを再起動します。 killall Finder これで不可視ファイルや不可視フォルダが表示されます。 元に戻すには設定を削除します。 defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles でFinderの再起動 killall Finder 2016-10-30 現在 OS X 10.9.5でも正常に動作しました。
2016.10.21 金
MacのTransmitはものすごく優秀でサポートもとてもいいです。TransmitはSSH接続とかのRemoteディスクをPC内にマウントしてLocalライクに扱えるという素晴らしい機能があります。ディスクマウントにはヘルパーをダウンロードする必要があります。Windowsでもできないでしょうか。 ディスクマウントでLocalディスクのように扱うという意味では、クラウドサーバーが発達してゆく現在、これからはもっとニーズが大きくなると思います。 既存のSSH接続(とかしているその他のものもですが)をしておく。 あらかじめFTPとかSFTPとかWebDAVとかで何かしらのリモートサーバーにアクセスしておいてください。 マウントする Transmitの下の方にディスクアイコンっぽいものがあるので...
2016.10.10 月
Coccinellidaのダウンロード 以前にCoccinellidaを使ってみたら原因不明でつながらなかったのでしばらく使っていなかったのですが、久々に使うと普通に使えました。2019-04-18時点でCurrent Version – 0.7です。できるだけ新しいものを使った方がよいでしょう。至るところにダウンロードサイトがあるので、特に問題ないかと思います。 https://sourceforge.net/projects/coccinellida/files/ おそらく公式ページと思われるCoccinellidaのホームページ ダウンロードするとCoccinellida.appというアプリケーションファイルが出てくるので、とりあえずはアプリケーションフォルダに移動しておき...
2016.6.3 金
すべてのPCはLinuxになってほしいです。 なんか変なソフトいっぱいインストールするよりコマンドでやったほうがいいです。 ファイルをzipにする $ zip test.zip test.txt ディレクトリをzipにする $ zip -r test.zip ./test パスワード付きのzipにする カレントディレクトリでやらないとフォルダーが階層になってzipされるので、ご注意。深い場合は殊に鬱陶しい。 $ zip -e -r test.zip ./test
2016.5.15 日
terminal_envMacのターミナルを例にしてしまいますが、viで日本語が文字化けしたら文字コードが違っているのでそれを設定しなおしてあげます。特にいろんな文字コード使う人は覚えておくと便利。 set LANG_ja-JP euc set LANG_ja-JP utf8 set LANG_ja-JP sjis 主に使うのはこんなもんでしょうか。その他の外国語とかになるとわかりません。 このコマンドを実行させた後に、ターミナルの環境設定から「設定→詳細」と移動して言語環境のプルダウンを日本語EUCとか日本語(Shift_Jis)とかに合わせてあげます。それからviで開けばだいたい文字化けは治ってます。環境設定をいちいち開くのが面倒な場合は、.vimrcなどを編集することになります。 vi...