Tag ruby-on-railsを表示しています。
2018.8.28 火
Ruby on Railsの環境構築までができたらRailsつまりアプリの設定をします。 普通に考えてルーティングしてサンプルコントローラ作ってDB作って接続してというところまで。 Sampleを立ち上げる $ rails new sample $ cd sample $ gem update --system $ gem install rails $ gem install sqlite3-ruby $ gem install uglifier $ gem install bundler $ rails s -p 3001 => Booting Puma => Rails 5.2.1 application starting in development => Run ...
2018.8.24 金
“rails s”が動かないときがあって、そのときやってみることリストの覚書です。 Railsのアプリを作成してローカルサーバーを立ち上げるときに、 rails s -p 3000 とか rails server -d などで起動させるんですが、 Usage: rails new APP_PATH [options] .... Example: rails new ~/Code/Ruby/weblog This generates a skeletal Rails installation in ~/Code/Ruby/weblog. という具合にオプションの一覧なんかが出てきてしまってサーバーが立ち上がっていないということがあります。 アップデートしてみる rake...
2018.8.18 土
普通に考えてそりゃそうだというような問題。 $ gem install rails Fetching: concurrent-ruby-1.0.5.gem (100%) ERROR: While executing gem … (Errno::EACCES) Permission denied @ rb_sysopen – /opt/rbenv/versions/2.5.1/lib/ruby/gems/2.5.0/cache/concurrent-ruby-1.0.5.gem gemをユーザー権限で実行しようとした場合、rootでインストールしたgemは基本使えないことになっております。なので、これを使えるようにする手順です。 調査 gemもrbenvも使える状況であ...
2018.8.16 木
概要 もうすでにいろいろな方々がやっているのですでにいろんなベストプラクティスがあると思います。なのでその中でもいちばんわかりやすくてメンテナンスしやすいものを目指して環境構築したいと思います。 Ruby on Railsはツールがいろいろあって便利なんですが、ツールの使い方もこれまた知識というか経験値というかそういったものに依存するので、中身を理解しながら学習をすすめて行きましょう。ここではAWS Linux2 (EC2)での環境構築手順を基本路線として説明しています。 ツール類のインストール rbenvのインストール rootでやる場合 ※ユーザー単位でやる場合はスキップ ユーザー単位でやる場合 Rubyを動かす Rubyのバージョンを変更する場合 on Railsの概要 Railsのイ...
2017.4.11 火
Xcodeインストール Command Line Tools for Xcode Homebrew (書きかけ…) Xcodeインストール 入っていなかったらApple Appsからインストール Command Line Tools のインストール xcode-select --install Mac OSX 10.11 El Capitan にRuby + Rails4 開発環境の構築 Mac OSX 10.12 macOS Sierra にRuby + Rails4 開発環境の構築 Ruby on Rails 4.2 を Mac OS X にインストールする手順をかなり丁寧に説明してみました
2017.4.9 日
Mac用のyumとかapt-getみたいなものです。 Homebebrew for mac brewインストール 以下のコマンドでインストールできますが、最新のコマンドは公式ページから取得するのがよさそう。root以外のユーザーでやるとsuしないとダメなので途中でrootのパスワード求められます。 $ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" .... Installation successful! brewインストール後 インストールに成功したら”brew help”でコマンド一覧を確認しておきましょう。数も少ないし。 $ br...