Tag silexを表示しています。
2019.8.28 水
人物 × Close ルネサンス期を代表する芸術家であり、「飽くなき探究心」と「尽きることのない独創性」を兼ね備えた人物といい、日本の美術史では「万能の天才」といわれている[1]。史上最高の呼び声高い画家の一人であるとともに、人類史上もっとも多才の呼び声も高い人物である[2]。アメリカ人美術史家ヘレン・ガードナー(英語版)は、レオナルドが関心を持っていた領域分野の広さと深さは空前のもので「レオナルドの知性と性格は超人的、神秘的かつ隔絶的なものである」とした[1]。しかしながらマルコ・ロッシは、レオナルドに関して様々な考察がなされているが、レオナルドのものの見方は神秘的などではなく極めて論理的であり、その実証的手法が時代を遥かに先取りしていたのであるとしている[3]。 1452年4...
2017.1.3 火
SilexはシンプルなPHPフレームワークではありますが、あまりにもシンプルすぎるのである程度フレームワーク的なものが整ったものがほしいというところです。Githubにスケルトンがあるので、composerを使ってセットアップ出来ます。 composerからインストール php composer.phar create-project fabpot/silex-skeleton /MY_INSTALL_PATH "~2.0" /MY_INSTALL_PATHは空のディレクトリじゃないとダメです。 composerで落としてくるとざっくりですが、以下のようなものがインストールされます。 .gitignore LICENSE README.rst bin composer.json compos...
2016.12.19 月
Silexのインストールと初期設定でもって何かできるかといったら全然ダメでSilexがフレームワークとして動作するため(Silexの性能をフルに発揮するため)にはまだまだいろいろ設定が必要です。 index.phpに追加すべき機能いろいろ オリジナルのコントローラの名前空間の設置とひな型 DBとの接続(Doctrinを使う) Twigテンプレートの設定 ぐらいが必要です。マイクロフレームワークなのでここまでやってくれてないです。(面倒な方はSimfony2つかった方がいいかもです。) index.phpに追加すべき機能いろいろ Silexはデフォルトではすべてのアクセスがindex.phpで処理しているので、ふつうにphpファイルをDocumentRootにおくと機能しません。なのでふつうに...
2016.12.6 火
Twigのインストール Silexのfatにはすでに入っているのですが、ない場合はインストールします。composer.jsonに追加してupdateです。 { "require": { "silex/silex": "1.0.*@dev", "twig/twig": ">=1.8,<2.0-dev" } } サービスプロバイダーを登録する Doctrinと同様、ライブラリーの登録みたいなことをします。Twigのテンプレートを格納するパスを指定します。以下の場合だとapp/viewsに作成します。 // Twig $app->register(new TwigServiceProvider(), [ 'twig.path' => __DIR__ . '/../view...
2016.12.6 火
SymfonyでもおなじみのDoctrinですがここではSilexでの基本的な設定方法です。DB接続にDoctrinを使うのでインストールからはじめます。 Doctrine DBALのインストール composer.jsonに以下のように追加して./composer.phar updateという感じになります。バージョンはその時々で合わせてください。 Silexのfatだったら最初から入ってます。 { "require": { .... "doctrine/dbal": ">=2.2.0,<2.4.0-dev", .... } } サービスプロバイダーの設定 Doctrinをサービスプロバイダーとして設定します。とても便利です。 use Silex\Provider\Doctri...
2016.11.17 木
EC-CUBE ver3 のインストールと設定から続いて開発の準備の話になります。 結果からいうとデータベースはいわゆる商品情報のみで設定に関するデータはないです。ですので、app/config/*ファイルの書き換えとDBのdump&restoreのみでマイグレーションは可能になっていました。シンプルでいいですね。 Gitでの開発 ignoreに書くものは基本これだけでいいです。 # .gitignore ec/app/log/* ec/app/cache/* ec/app/config/eccube/* ec/app/log/*
2016.10.25 火
インストール後の設定 インストールと設定が終わるとデフォルトの機能はすべて揃った状態でEC-CUBEが起動します。インストール後に更新されるファイルは以下になるので、Gitなどでの開発またはrsyncなどでの同期とかする場合は、以下のファイルをignoreすることになります。 app/cache/doctrine/* app/cache/eccube/* app/cache/twig/* app/config/eccube/config.yml app/config/eccube/database.yml app/config/eccube/mail.yml app/config/eccube/path.yml app/log/* ※邪道ですが、EC-CUBEをマニュアルどおりインストールし...
2016.10.18 火
Silexを使っている開発というのを見たことがなくて、これは世の中的に本当に使われているのかという疑問をもっていましたが、EC-CUBEがとうとうSilexベースで開発してきました。Symfony使わないところがまたいいですね。Silexも使わないとダメな時代になってきたのかなということで導入方法です。 Silex Silexを使ってみた感想としては、ミニマルから自分で構築するのは結構面倒くさいです。例えば会員ページ使う系のサイトとかを作るのだったらえらく面倒くさい。とはいってもマイクロフレームワーク的なことをうたっているのでそれもそのはず、かんたんにPHPを使ったページを作るのだったら(とくに今後大きく発展するようなPHPサイト)結構いい感じのつくりになっております。 Symfonyベース...